鍛冶町 (弘前市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 青森県 > 弘前市 > 鍛冶町 (弘前市)
鍛冶町
鍛冶町の様子 写真奥に写っているのは最勝院五重塔(国重文[1])
鍛冶町の様子
写真奥に写っているのは最勝院五重塔国重文[1]
鍛冶町の位置(青森県内)
鍛冶町
鍛冶町
鍛冶町の位置
北緯40度36分4.02秒 東経140度28分11.04秒 / 北緯40.6011167度 東経140.4697333度 / 40.6011167; 140.4697333
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aomori Prefecture.svg 青森県
市町村 Flag of Hirosaki, Aomori.svg 弘前市
人口
2017年(平成29年)6月1日現在)[2]
 • 合計 20人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
036-8192
市外局番 0172[3]
ナンバープレート 青森

鍛冶町(かじまち)は、江戸期から現在にかけての青森県弘前市の地名。郵便番号は036-8192。2017年6月1日現在の人口は20人、世帯数は10世帯[2]

地理[編集]

新鍛冶町に隣接し、ともに弘前の娯楽街で、本町の裏手。北は親方町、東は新鍛冶町、南は桶屋町、西は本町に接する。

歴史[編集]

職人町から娯楽街へ[編集]

  • 1952年昭和27年) - 弘南鉄道大鰐線中央弘前駅の位置する吉野町が近く、中央弘前が開業すると、それまで鍛冶職人が多くいた職人町から、近隣の新鍛冶町・桶屋町とともに娯楽街に発展。
  • 鍛冶町地区は弘前市中心市街地活性化基本計画区域の文化交流エリアに位置づけられている。

沿革[編集]

地名の由来[編集]

昔町内に鍛冶職人が多くいたことから。

施設[編集]

  • 明治屋会館
  • 城東閣

この他にも、飲食店を中心とした多くの娯楽施設がある。

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。

大字 番・番地 小学校 中学校
鍛冶町 全域 弘前市立大成小学校 弘前市立第三中学校

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 青森県庁ウェブサイト
  2. ^ a b オープンデータひろさき 弘前市 町名別人口・世帯数_平成29年” (日本語). ひろさき未来戦略研究センター (2017年6月1日). 2017年6月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。

参考文献[編集]

角川日本地名大辞典 2 青森県(角川書店)

座標: 北緯40度36分4秒 東経140度28分11秒 / 北緯40.60111度 東経140.46972度 / 40.60111; 140.46972