鍬形蕙林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

鍬形 蕙林(くわがた けいりん、文政10年2月2日1827年2月27日) - 明治42年(1909年8月17日)とは江戸時代から明治時代にかけての狩野派画家

来歴[編集]

越中国出身[1]狩野雅信の門人。安政2年(1855年)より鍬形紹意の養子で[1]、養祖父は鍬形蕙斎紹真。本姓は岡。名は勝永。津山藩お抱えの絵師であった。嘉永頃から没年まで作画したとされており、浮世絵風の肉筆画があるといわれる。明治期には東京府金杉村350に住んでいた。

脚注[編集]

  1. ^ a b デジタル版 日本人名大辞典+Plus

参考文献[編集]