鍵 (谷崎潤一郎)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

The Key
著者 谷崎潤一郎
イラスト 装幀・挿絵:棟方志功
発行日 1956年12月
発行元 中央公論社
ジャンル 長編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
公式サイト [1]
コード NCID BN07328029
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

』(かぎ)は、谷崎潤一郎の長編小説。読まれることを前提にして書かれた日記をお互い盗み読みする夫婦の愛欲の物語。この日記形式の物語世界を読む者もまた窃視の主体となるという仕掛けの構図を持つ作品である[1]。谷崎の代表作の一つで、翻訳も世界各国で行われている。たびたび映像化されている作品でもある。

中央公論』1956年(昭和31年)1月号に掲載された後、5月号から12月号まで連載された(全9回)[2]

あらすじ[編集]

ある初老の学者(大学教授)が、嫉妬によって性的に興奮して妻の郁子に性的に奉仕するための精力を得ることを目的として、自らが娘の敏子との縁談を持ちかけた大学生の木村と妻を、一線を越えない限界まで接近させようと企み、酔い潰れて浴室で全裸で倒れた郁子を木村に運ばせたり、酔い潰れて昏睡する郁子の裸体を撮影し、その現像を木村に頼むなどの経緯を日記に書いていく。また同時に郁子も日記を書いていた。

学者は郁子に日記を盗み読んでほしいことを自らの日記に書き、日記を隠している引き出しの鍵をあえて落とすが、郁子はいつでも盗み読めるが夫の日記を盗み読む気はないと日記に書く。また郁子は夫を性的に興奮させるために、嫌々ながらあえて木村と接近するのだ、自分も日記を書いていることを夫は知らないはずだとも日記に書く。また木村も学者の計画に積極的に協力していく。敏子は母に不倫を強要する父に反発しているようだと郁子は日記に書く。学者は性欲を昂らせるために不摂生な生活を行ったため次第に健康を害するが、性的興奮のため医者の警告を無視して摂生を行わず、さらに不健全な生活に耽溺していく。ついには病に倒れて死亡する。

夫の死後に郁子は、実は自分は以前から夫の日記を盗み読んでおり、自分の日記を夫が盗み読んでいることも知っていて、夫を性的に興奮させ不摂生な生活に追い込んで病死させるため日記に嘘を書いていたことや、敏子も自分に協力していて、本当は積極的に木村と不倫して肉体関係を持っていたと日記に書く。木村は世間を偽装するため形式的に敏子と結婚し、その母である郁子と同居することで、実質的に郁子と結婚生活をする計画を練っていると、郁子は日記に書くのであった。

映像化作品[編集]

劇場用映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ジャンル テレビドラマ
原作 谷崎潤一郎
脚本 砂田量爾
演出 久野浩平
出演者 津川雅彦小柳ルミ子
製作
プロデューサー 橋本かおり
制作 テレビ東京
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1993年5月17日
5月24日
放送時間 月曜21:00 - 21:54
放送枠 テレビ東京月曜9時枠の連続ドラマ#日本名作ドラマ
放送分 54分
回数 2
公式ウェブサイト

1993年5月17日と同年5月24日の2回に渡って、テレビ東京系列の『日本名作ドラマ』(第1期)(月曜21:00 - 21:54)で放送された。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:谷崎潤一郎
  • 脚本:砂田量爾
  • 演出:久野浩平
  • プロデューサー:橋本かおり
  • 制作:テレビ東京
テレビ東京 日本名作ドラマ(第1期)
前番組 番組名 次番組

漫画化作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「谷崎潤一郎作品案内」(夢ムック 2015, pp. 245-261)
  2. ^ 山本健吉「解説」(鍵・文庫 2001, pp. 439-446)

参考文献[編集]