鎌ケ谷 (鎌ケ谷市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 千葉県 > 鎌ケ谷市 > 鎌ケ谷
鎌ケ谷
—  町丁  —
鎌ヶ谷大仏
鎌ケ谷の位置(千葉県内)
鎌ケ谷
鎌ケ谷
鎌ケ谷の位置
座標: 北緯35度45分29.98秒 東経140度0分48.4秒 / 北緯35.7583278度 東経140.013444度 / 35.7583278; 140.013444
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県
市町村 Flag of Kamagaya, Chiba.svg 鎌ケ谷市
人口 (2017年(平成29年)11月1日現在)[1]
 - 計 11,103人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 273-0105[2]
市外局番 047[3]
ナンバープレート 習志野
東鎌ケ谷
—  町丁  —
座標: 北緯35度45分48.35秒 東経140度1分13.32秒 / 北緯35.7634306度 東経140.0203667度 / 35.7634306; 140.0203667
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県
市町村 Flag of Kamagaya, Chiba.svg 鎌ケ谷市
人口 (2017年(平成29年)11月1日現在)[1]
 - 計 4,526人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 273-0104[4]
市外局番 047[5]
南鎌ケ谷
—  町丁  —
座標: 北緯35度44分42.68秒 東経140度0分20.6秒 / 北緯35.7451889度 東経140.005722度 / 35.7451889; 140.005722
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県
市町村 Flag of Kamagaya, Chiba.svg 鎌ケ谷市
人口 (2017年(平成29年)11月1日現在)[1]
 - 計 4,060人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 273-0106[6]
市外局番 047[7]
ナンバープレート 習志野

鎌ケ谷(かまがや)は、鎌ケ谷市地名である。なお、鎌ケ谷の他、東鎌ケ谷南鎌ケ谷についても併せて述べる。

地理・概要[編集]

鎌ケ谷市の南部に位置し、以下の3地域に分かれている。

鎌ケ谷[編集]

  • 郵便番号 - 273-0105[2]

鎌ケ谷市の南東部で、市内でもっとも人口の多いである。新京成電鉄新京成線鎌ヶ谷大仏駅周辺とその南側に広がる。北側は東初富丸山船橋市咲が丘、西側は東道野辺、南側は南鎌ケ谷、西側は船橋市二和西二和東と接する。

町内の中央を千葉県道59号市川印西線(木下街道)が北東から南西に向かって通っている。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、鎌ケ谷2-18-48の地点で8万1000円/m2となっている。[8]

東鎌ケ谷[編集]

  • 郵便番号 - 273-0104[4]

鎌ケ谷市の最東端にある町である。北側は白井市冨士や船橋市高野台、東側は船橋市八木が谷、南側は船橋市咲が丘、西側は東初富と接する。

南鎌ケ谷[編集]

  • 郵便番号 - 273-0106[6]

鎌ケ谷市の最南端の町である。北側は鎌ケ谷、東側は船橋市二和西[9]、南側は船橋市馬込町や金杉町、西側は東道野辺と接している。

鎌ケ谷と同様に、町内の中央を木下街道が走っている。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)11月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

鎌ケ谷[編集]

丁目 世帯数 人口
鎌ケ谷一丁目 513世帯 1,045人
鎌ケ谷二丁目 801世帯 1,903人
鎌ケ谷三丁目 529世帯 1,276人
鎌ケ谷四丁目 413世帯 949人
鎌ケ谷五丁目 593世帯 1,305人
鎌ケ谷六丁目 244世帯 527人
鎌ケ谷七丁目 689世帯 1,658人
鎌ケ谷八丁目 416世帯 955人
鎌ケ谷九丁目 643世帯 1,485人
4,841世帯 11,103人

東鎌ケ谷[編集]

丁目 世帯数 人口
東鎌ケ谷一丁目 354世帯 830人
東鎌ケ谷二丁目 1,012世帯 2,138人
東鎌ケ谷三丁目 710世帯 1,558人
2,076世帯 4,526人

南鎌ケ谷[編集]

丁目 世帯数 人口
南鎌ケ谷一丁目 556世帯 1,253人
南鎌ケ谷二丁目 393世帯 917人
南鎌ケ谷三丁目 255世帯 561人
南鎌ケ谷四丁目 575世帯 1,329人
1,779世帯 4,060人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10]

鎌ケ谷[編集]

丁目 番地 小学校 中学校
鎌ケ谷一丁目 全域 鎌ケ谷市立東部小学校 鎌ケ谷市立第二中学校
鎌ケ谷二丁目 全域
鎌ケ谷三丁目 全域
鎌ケ谷四丁目 全域
鎌ケ谷五丁目 全域
鎌ケ谷六丁目 全域
鎌ケ谷七丁目 1〜9番
10〜15番 鎌ケ谷市立道野辺小学校
鎌ケ谷八丁目 全域 鎌ケ谷市立東部小学校
鎌ケ谷九丁目 2〜6番
9〜12番
1番
7〜8番
13〜17番
鎌ケ谷市立道野辺小学校

東鎌ケ谷[編集]

丁目 番地 小学校 中学校
東鎌ケ谷一丁目 全域 鎌ケ谷市立初富小学校 鎌ケ谷市立第五中学校
東鎌ケ谷二丁目 全域
東鎌ケ谷三丁目 全域

南鎌ケ谷[編集]

丁目 番地 小学校 中学校
南鎌ケ谷一丁目 全域 鎌ケ谷市立道野辺小学校 鎌ケ谷市立第二中学校
南鎌ケ谷二丁目 全域
南鎌ケ谷三丁目 全域
南鎌ケ谷四丁目 全域

施設[編集]

鎌ケ谷
  • 鎌ケ谷市立東部小学校
  • 鎌ケ谷ひかり幼稚園
  • 鎌ケ谷市立鎌ケ谷保育園
  • 鎌ヶ谷大仏
東鎌ケ谷
  • 鎌ケ谷市井草県営住宅
南鎌ケ谷

参考文献・脚注[編集]

  1. ^ a b c d 住民基本台帳人口【町丁別人口・世帯数】”. 鎌ケ谷市 (2017年11月1日). 2017年11月16日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月16日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年11月16日閲覧。
  4. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月16日閲覧。
  5. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年11月16日閲覧。
  6. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月16日閲覧。
  7. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年11月16日閲覧。
  8. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  9. ^ わずかながら船橋市金杉とも接している。
  10. ^ 鎌ケ谷市立小学校及び中学校の通学区域について - 鎌ケ谷市 (2017年7月1日). 2017年11月17日閲覧 (PDF)