鎌倉女子大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鎌倉女子大学
鎌倉女子大学サブゲート前(大船キャンパス) 鎌倉女子大学 (神奈川県) 神奈川県の地図を表示 鎌倉女子大学 (日本) 日本の地図を表示
鎌倉女子大学サブゲート前(大船キャンパス)

鎌倉女子大学の位置(神奈川県内)
鎌倉女子大学
鎌倉女子大学 (神奈川県)
鎌倉女子大学の位置(日本内)
鎌倉女子大学
鎌倉女子大学 (日本)
大学設置 1959年
創立 1943年
学校種別 私立
設置者 学校法人鎌倉女子大学
本部所在地 神奈川県鎌倉市大船六丁目1番3号
キャンパス 大船キャンパス(神奈川県鎌倉市)
山ノ内学舎(神奈川県鎌倉市)
二階堂学舎(神奈川県鎌倉市)
学部 家政学部
児童学部
教育学部
研究科 児童学研究科
ウェブサイト 鎌倉女子大学公式サイト
テンプレートを表示

鎌倉女子大学(かまくらじょしだいがく、英語: Kamakura Women's University)は、神奈川県鎌倉市大船六丁目1番3号に本部を置く日本私立大学である。1959年に設置された。 創設者は松本生太学校法人鎌倉女子大学が経営。

概観[編集]

大学全体[編集]

(沿革の項も参照のこと)

1933年松本生太横浜市神奈川区に設立した京浜女子家政理学専門学校を母体とする。

1945年に鎌倉市岩瀬にキャンパスを移転した後、1959年に京浜女子大学を設立した。

1989年に校名を現在の鎌倉女子大学に変更し、1999年に鎌倉市大船にあった松竹大船撮影所跡地を取得し、2003年から大学院大学短期大学部の大船キャンパスとして使用されている。

なお、岩瀬キャンパスには併設校の鎌倉女子大学中等部・高等部女子校)、鎌倉女子大学初等部(共学)、鎌倉女子大学幼稚部(共学)が置かれている。

建学の精神[編集]

  • 教育の理念:感謝と奉仕に生きる人づくり
  • 教育の目標:科学的教養の向上と優雅な性情の涵養
  • 教育の姿勢:人・物・時を大切に
  • 教育の方法:ぞうきんと辞書をもって学ぶ
  • 教育の体系:徳育(仁)・知育(知)・体育(勇)の調和

学風 [編集]

  • 教員組織のみならず、事務職員の間でも、上司もしくは先輩に対して「○○先生」と呼ばなければならない。
  • 校門での「一礼の姿勢」や、修養の鐘にあわせた一日に二回の「黙想の時間」は、学生ならびに全教職員にも厳しく徹底されている。

校歌[編集]

  • 鎌倉女子大学校歌
    • 作詞:松本千枝子
    • 作曲:冨岡正男

教育および研究[編集]

  • 教養講座は、女性として生活する上での常識の習得や感性教養の幅を広げることに主眼を置いている[1]
  • 「大学ランキング2013年版」(朝日新聞出版)で、全国756大学の資格・採用試験ランキングで下記の様にランクインされている[2]
    • 幼稚園教員採用数 - 全国2位(女子大2位)
    • 保育士採用数 - 全国6位
    • 小学校教員採用数 - 全国28位(女子大4位)
    • 管理栄養士国家試験合格者数 - 全国11位
    • 高校からの評価(女子大部門)- 全国10位

沿革[編集]

(沿革節の主要な出典は公式サイト[3]

  • 1943年昭和18年) 京浜女子家政理学専門学校(横浜市神奈川区)を設立。
  • 1946年(昭和21年) 鎌倉市岩瀬に移転。
  • 1950年(昭和25年) 学制改革により、京浜女子短期大学(家政科、保健科)を開学。
  • 1959年(昭和34年) 京浜女子大学を開学。家政学部家政学科を設置。
  • 1964年(昭和39年) 家政学部に児童学科を増設。
  • 1966年(昭和41年) 家政学部家政学科を家政学専攻と管理栄養士専攻に分離。
  • 1989年平成元年) 校名を鎌倉女子大学に改称。
  • 2000年(平成12年) 学術研究所と生涯学習センターを設置。
  • 2002年(平成14年) 日本ではじめてとなる児童学部児童学科、子ども心理学科を設置。
  • 2003年(平成15年) 鎌倉市大船にあった松竹大船撮影所跡地を取得し、大船キャンパスとして、短期大学部とともに移転。家政学部家政学科(家政学専攻、管理栄養士専攻)を、家政学科と管理栄養学科に改組。
  • 2005年(平成17年) 家政学部家政学科を家政学部家政保健学科に改組。
  • 2006年(平成18年) 大学院に児童学研究科を設置。
  • 2007年(平成19年) 児童学部に教育学科を設置。
  • 2009年(平成21年) 教育学部を設置。
  • 2012年(平成24年) 大船キャンパスに学術研究棟が竣工。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

教育および研究[編集]

学部・学科[編集]

大学院[編集]

学部、大学院共に満23歳以上の社会人特別選抜枠(専業主婦を含む)が設けられている[4]

附属機関[編集]

附属研究所[編集]

  • 鎌倉女子大学学術研究所
    • 大船キャンパス内に設置されており、教員の研究実施・成果公表の場などとして利用されている。

生涯学習センター[編集]

  • 鎌倉女子大学生涯学習センター
    • 学内だけでなく学外の一般の人々に向けて公開講座や海外研修ツアー(シチリアヴェネチアミラノウィーンなど)などを開催している。開催は大船キャンパス、二階堂学舎にて行われている。

その他[編集]

  • 附属図書館
    • 卒業生、生涯学習センター、他大学学生・教員にも利用が公開されている(事前連絡必要)。また、鎌倉市内在住・通勤・通学者は鎌倉市図書館を通じて本図書館の書籍の貸出を実施している[5]

施設[編集]

キャンパス[編集]

現在、大学、大学院は大船キャンパスが利用されているが、その他に山ノ内学舎と二階堂学舎がある。なお、山ノ内学舎、二階堂学舎とも鎌倉市内にある。

  • 大船キャンパス
  • 山ノ内学舎
  • 二階堂学舎
    • 松本尚記念ホールが設置されており、学生発表や卒業生や市民の文化活動や国際交流の場などに利用されている。なお同ホールは、第40回神奈川県建築コンクール最優秀賞を受賞した建物である。
    • 所在地 - 鎌倉市二階堂890-1
    • アクセス - 東日本旅客鉄道(JR東日本)鎌倉駅から京浜急行バスで「杉本観音前」下車分

学生生活[編集]

カリキュラム[編集]

  • 大学院児童学研究科
    • 児童学専攻(修士課程)- 研究科カリキュラムにより4つの研究科目群(クラスター)が設置されている。
      • 児童学総合研究科目群 - 初等教育分野、幼児教育分野、健康福祉分野、表現文化分野
      • 子ども心理学研究科目群 - 発達臨床分野、学校教育臨床分野
      • 学校教育学研究科目群 - 初等教育分野、表現文化分野、学校教育臨床分野
    • 同研究科で取得できる免許・資格は次の通り - 幼稚園教諭専修免許状、特別支援学校教諭専修免許状(知的障害者・肢体不自由者・病弱者)、小学校教諭専修免許状、認定ムーブメント教育・療法上級指導者、学校心理士受験資格、臨床発達心理士受験資格など。
    • また、大学院入試において成績優秀者は2年間の授業料全額免除が受けられるスカラシップ制度を設けている[11]

部活動[編集]

学園祭[編集]

  • 学園祭は「みどり祭」と呼ばれ、毎年11月上旬の土日に開催される。学科・ゼミ別の展示、「オープンクラス」(授業体験)、芸能人によるライブ、模擬店などの催しが行われる[12]
主なライブ出演者

学内奨学金[編集]

  • 大学独自の鎌倉女子大学奨学金を有している。
    • 給費奨学金
      • 給費甲種、給費乙種
    • 貸費奨学金
      • 貸費甲種、貸費乙種

管理栄養士国家試験合格率[編集]

近年の管理栄養士国家試験の合格率は下記の通りとなっている[15]

本学受験者数(新卒) 本学合格者数(新卒) 本学合格率(新卒) 【参考】全国合格率(新卒) 【参考】全国合格率(新卒+既卒)
第26回(2012年) 118 111 94.1% 91.6% 49.3%
第25回(2011年) 112 93 83.0% 82.1% 40.5%
第24回(2010年) 123 109 88.6% 78.7% 32.2%
第23回(2009年) 114 94 82.5% 74.2% 29.0%
第22回(2008年) 115 98 85.2% 80.6% 31.6%
第21回(2007年) 107 98 91.6% 81.8% 35.2%

その他[編集]

  • 企業との共同活動・コラボレーション
    • 2011年8月 管理栄養学科の学生とさがみ農業協同組合(JAさがみ)と共に野菜料理のレシピや保存法などの活用法を普及する活動を直売所などで行っている[16]
    • 2012年7月 家政保健学科の学生が同じ鎌倉市に本社を置く食品会社大船軒と共にオリジナル折り詰め弁当を作成し販売した(同年7月のみの限定販売)[17]

大学関係者と組織[編集]

著名な教職員[編集]

  • 福井一光 - 鎌倉女子大学・鎌倉女子大学短期大学部学長。学校法人鎌倉女子大学第四代理事長、学園長
  • 木下博勝 - 家政学部教授医師。日本禁煙学会学術顧問
  • 市原幸文 - 家政学部教授
  • 大澤繁男 - 家政学部教授。日本臨床栄養協会常任理事。日本サプリメントアドバイザー認定機構理事
  • 太田一樹 - 家政学部教授
  • 大村正史 - 家政学部教授
  • 中谷弥栄子 - 家政学部教授。管理栄養士国家試験委員
  • 森政淳子 - 家政学部教授
  • 長田美智子 - 家政学部教。服飾文化学会理事
  • 木内德治 - 家政学部教授
  • 武井安彦 - 家政学部教授
  • 田中康正 - 家政学部教授
  • 徳橋敬一 - 家政学部教授
  • 年森敦子 - 家政学部教授
  • 吉田啓子 - 家政学部教授
  • 飯村敦子 - 児童学部教授
  • 小国美也子 - 児童学部教授
  • 加藤吉和 - 児童学部教授
  • 廣田昭久 - 児童学部教授
  • 新井良保 - 児童学部教授
  • 小川恭子 - 児童学部教授
  • 小泉裕子 - 児童学部教授
  • 佐藤淑子 - 児童学部教授
  • 當島茂登 - 児童学部教授
  • 徳増多加志 - 児童学部教授
  • 廣田敬一 - 児童学部教授
  • 山﨑久男 - 児童学部教授
  • 米山弘 - 児童学部教授
  • 竹内整一 - 教育学部教授東京大学名誉教授
  • 山野清二郎 - 教育学部教授。埼玉大学教養学部教授
  • 牧野久実 - 教育学部教授
  • 田中弘樹 - 教育学部教授
  • 蔦澤元晴 - 教育学部教授
  • 長谷川岳男 - 教育学部教授
  • 福田喜一郎 - 教育学部教授
  • 福留温子 - 教育学部教授
  • 藤岡孝充 - 教育学部教授
  • 降簱節夫 - 教育学部教授

著名な元教員[編集]

著名な卒業生[編集]

対外関係[編集]

併設校[編集]

インターンシップ[編集]

国内提携[編集]

海外提携[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 鎌倉女子大学/大学のことなら"ISIZE大学"リクルート 2010年9月19日閲覧)
  2. ^ 「大学ランキング2013年版」(朝日新聞出版)鎌倉女子大学News&TOPICS(鎌倉女子大学 2012年7月17日閲覧)
  3. ^ 沿革|法人紹介”. 学校法人鎌倉女子大学. 2019年1月24日閲覧。
  4. ^ 鎌倉女子大学 平成25年度入試情報(鎌倉女子大学 2012年7月17日閲覧)
  5. ^ 鎌倉女子大学図書館 学外の方の利用方法"(鎌倉女子大学図書館)
  6. ^ 家政保健学科の特色(鎌倉女子大学 2012年7月17日閲覧)
  7. ^ 管理栄養学科の特色(鎌倉女子大学 2012年7月17日閲覧)
  8. ^ 児童学科の特色(鎌倉女子大学 2012年7月17日閲覧)
  9. ^ 子ども心理学科の特色(鎌倉女子大学 2012年7月17日閲覧)
  10. ^ 教育学科の特色(鎌倉女子大学 2012年7月17日閲覧)
  11. ^ 児童学研究科 入試情報(鎌倉女子大学 2012年7月17日閲覧)
  12. ^ a b c 鎌倉女子大学学園祭 みどり祭 - 大船キャンパス(鎌倉女子大学 2010年9月19日閲覧)
  13. ^ みどり祭|鎌倉女子大学・短大 - 学園祭データベース2008(ナレッジデータベース 2010年9月19日閲覧)
  14. ^ お笑いライブ~in鎌倉~”. 鎌倉女子大学. 2019年3月26日閲覧。
  15. ^ 管理栄養士国家試験合格者数(鎌倉女子大学管理栄養士国家試験合格者状況 2012年5月10日閲覧)
  16. ^ 神奈川新聞社(神奈川新聞社 2011年8月16日閲覧)
  17. ^ 鎌倉女子大学News&TOPICS(鎌倉女子大学 2012年7月6日閲覧)

関連項目[編集]