鎌倉女子大学初等部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鎌倉女子大学初等部
Kamakura Women's UNIV highschool.jpg
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人鎌倉女子大学
設立年月日 1951年
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 247-8511
神奈川県鎌倉市岩瀬1420
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

鎌倉女子大学初等部(かまくらじょしだいがくしょとうぶ)は、神奈川県鎌倉市岩瀬にある私立小学校

概要[編集]

鎌倉女子大学の併設小学校。男女共学。各学年1クラス30人で3クラス[1]

鎌倉女子大学、及び中等部・高等部生同様、校門では一礼をし、1日3回鳴る「修養の鐘」で黙想をする。また、3年生以上は中等部・高等部生同様、その日の出来事を『修養日誌』に書きとめる。

英語検定」「漢字検定」「書き方検定」「数学検定」、学校内で行われる「パソコン検定」「なわとび検定」「泳力検定」の「7つのチャレンジ」を実施しており、漢字検定では団体の部で奨励賞[2]、書き方検定では団体の部で神奈川県知事賞、個人の部で最優秀賞や特選など、数学検定では個人・団体の部共に数検グランプリ金賞を受賞している。英語検定では卒業までに5級取得を目指している[3]

卒業生のほぼ全員が私立中学に進学する[4]。併設校の鎌倉女子大学中等部(女子校)の内部進学者数は、2013年4月時点で12名である[5]

2004年に竣工されたプール棟は、第51回神奈川県建築コンクールで優秀賞・アピール賞を受賞した。

沿革[編集]

  • 1951年(昭和26年) - 京浜女子短期大学附属小学校が設立。
  • 1959年(昭和34年) - 京浜女子大学(現・鎌倉女子大学)の設立に伴い、校名を京浜女子大学初等部に改称。
  • 1989年(平成元年) - 現校名に改称。
  • 2003年(平成15年) - 大船キャンパス開設に伴い、岩瀬キャンパスの施設をリニューアル。

教育理念・教育方針[編集]

学園の建学の精神である「感謝と奉仕に生きる人づくり」が基盤になっている[6]

教育目標(「三心」)

  • 感謝と奉仕のこころ
  • ぞうきんと辞書をもつこころ
  • 人・物・時を大切にするこころ

また、この3つをもとにした7つのちかい「わたしたちのちかい」がある[6]

「豊かなこころ」と「確かな学力」、「健やかなからだ」を兼ね備えた「品位ある初等部生」の育成を目指している[6][7][8]


委員会活動・クラブ活動[編集]

委員会は4年生以上全員参加。

クラブ活動は課内クラブと課外クラブがある。課内クラブは特別活動の時間として4年生以上の児童が参加するもので、課外クラブは希望者のみ参加するものである。

交通[編集]

施設概要[編集]

  • 幼稚部・初等部・中等部・高等部校舎
  • プール棟
  • 松本講堂
  • 学園の杜・クローバー畑
  • 警備室
  • グラウンド
    • 第一グラウンド
    • 初等部グラウンド
    • 総合グラウンド
  • 体育館
    • 第1体育館
    • 第2体育館
  • 音楽室
    • 第一音楽室
    • 第二音楽室
  • 多目的学習室
  • 情報教育実習室
  • 図工室
  • 理科室
  • 図書室

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 初等部の特色 - 初等部について”. 鎌倉女子大学初等部. 2014年7月20日閲覧。
  2. ^ 表彰”. 鎌倉女子大学初等部. 2014年7月20日閲覧。
  3. ^ 7つのチャレンジ - 初等部の学び”. 鎌倉女子大学初等部. 2014年7月20日閲覧。
  4. ^ 卒業後の進路 - 進路指導”. 鎌倉女子大学初等部. 2014年7月18日閲覧。
  5. ^ 鎌倉女子大学中等部 基本情報”. 中学受験スタディ. 2014年7月18日閲覧。
  6. ^ a b c 平成21年度 自己点検・評価報告書 (抜粋) (PDF)”. 2014年7月20日閲覧。
  7. ^ 鎌倉女子大学 初等部(学校情報)”. 小学校受験の「お受験じょうほう」. 2014年7月20日閲覧。
  8. ^ 初等部について”. 鎌倉女子大学初等部. 2014年7月20日閲覧。