鎌倉市立稲村ケ崎小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鎌倉市立稲村ケ崎小学校
Inamuragasakisho.JPG
鎌倉市立稲村ケ崎小学校

鎌倉市立稲村ケ崎小学校の位置(神奈川県内)
鎌倉市立稲村ケ崎小学校
鎌倉市立稲村ケ崎小学校 (神奈川県)
鎌倉市立稲村ケ崎小学校の位置(日本内)
鎌倉市立稲村ケ崎小学校
鎌倉市立稲村ケ崎小学校 (日本)
国公私立の別 公立学校
設置者 鎌倉市
設立年月日 1948年
共学・別学 男女共学
所在地 248-0023
鎌倉市極楽寺三丁目2番3号
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

鎌倉市立稲村ケ崎小学校(かまくらしりつ いなむらがさきしょうがっこう)は、神奈川県鎌倉市極楽寺三丁目にある公立小学校である[1]

概要[編集]

鎌倉市の由比ガ浜海水浴場の西の丘陵地、海抜は20mを越えるところで、極楽寺成就院や、明治40年に造られたという江ノ電の唯一のトンネルである「極楽洞」など、古都鎌倉の歴史的な名勝の近くに位置する。

稲村ケ崎小学校は生徒数増で教室数が不足する鎌倉市立第一小学校の校区を分割して設立された小学校である。校地は第一小学校から校区内でもっとも遠方である極楽寺が選ばれた。学校の建設予定地は桃畑であったため、正式名称が決まるまでは「桃園小学校」の仮名がつけられたが、その後一般からの校名募集により「稲村ケ崎小学校」の名がつけられた。

1948年に開校したものの当初は鎌倉市に校舎を建設する予算がなかったため第一小学校の教室に間借りした。後に市民からの寄付で建設費用を捻出し、翌1949年7月7日に現在地の新校舎へと移転した。[2]

沿革[編集]

(沿革節の主要な出典は公式サイト[3]

  • 1948年昭和23年)4月1日 - 鎌倉市大町久保41の鎌倉市立第一小学校内に併設される。
  • 1948年(昭和23年)9月1日 - 鎌倉市立第一小学校より分離し、開校。
  • 1949年(昭和24年)7月7日 - 鎌倉市極楽寺三丁目2番3号の新校舎へ移転。
  • 1976年(昭和51年)4月1日 - 鎌倉市立七里ガ浜小学校が分離し、開校。
  • 1980年(昭和55年)8月31日 - 新校舎完成。[4]
稲村ケ崎小学校は道路の両側に渡れるよう立体交差の通路があるのが特徴

教育目標[編集]

  • 学びあい、ささえあい、高めあう子の育成

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 校名については、「稲村ケ崎」、地名については稲村ヶ崎や稲村ガ崎が、一般的には使われている。
  2. ^ 鎌倉市教育委員会 『鎌倉教育史』 鎌倉市教育委員会、1976年、530-531頁。
  3. ^ 稲村ヶ崎小学校の沿革”. 鎌倉市立稲村ケ崎小学校. 2019年1月25日閲覧。
  4. ^ 鎌倉市立稲村ケ崎小学校

関連項目[編集]