鎌田宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鎌田 宏(かまた ひろし、1941年(昭和16年)4月11日 - )は、日本の銀行家七十七銀行相談役。仙台商工会議所会頭。東北経済連合会副会長。

来歴・人物[編集]

七十七銀行専務取締役を歴任した鎌田英一の長男として、宮城県仙台市に生まれる[1]

慶大法学部卒業後、七十七銀入行。県庁、新宿等、枢要支店での支店長等を歴任後、1993年(平成5年)に取締役昇格[2]。 親子2代にわたって役員として、同行の経営に携わることとなった。

2005年(平成17年)には、2期4年頭取を務めた丸森仲吾の後任として、代表取締役副頭取から昇格する[3]

2010年(平成22年)6月、代表権取締役会長に就任。また、同年11月には、高齢を理由に任期満了で退いた丸森の後任として、仙台商工会議所の会頭にも就任した。

2011年(平成23年)6月には、東北楽天ゴールデンイーグルス監督である星野仙一の仙台後援会「楽仙会」の会長に就任した[4]

略歴[編集]

  • 1965年(昭和40年) - 慶應義塾大学法学部卒業後、七十七銀行入行。
    • 以降、将監、新宿、県庁各支店長。経理、企画部長等を歴任する。
  • 1993年(平成5年) - 取締役企画部長委嘱。
  • 1995年(平成7年) - 取締役本店営業部長委嘱。
  • 1997年(平成9年) - 常務取締役。
  • 2001年(平成13年) - 専務取締役。
  • 2002年(平成14年) - 代表取締役副頭取。
  • 2005年(平成17年) - 代表取締役頭取。
  • 2009年(平成21年) - 宮城県公安委員会委員。 
  • 2010年(平成22年) - 代表取締役会長、仙台商工会議所会頭。
  • 2018年(平成30年) - 相談役。

脚注[編集]

  1. ^ 日本経済新聞 2005年5月27日
  2. ^ 『ニッキン縮刷版 42版 2005年』日本金融通信社、2006年
  3. ^ 代表取締役の異動に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社七十七銀行 (2005年4月28日). 2013年10月29日閲覧。
  4. ^ “星野監督の後援会「楽仙会」設立”. スポーツニッポン. (2011年6月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/06/12/kiji/K20110612001003350.html 2013年10月29日閲覧。