鎌田次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鎌田 次郎 Football pictogram.svg
名前
愛称 ジロー[1][2]、カマジ
カタカナ カマタ ジロウ
ラテン文字 KAMATA Jiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-07-28) 1985年7月28日(34歳)
出身地 東京都大田区
身長 179cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 柏レイソル
ポジション DF (CB,SB)[3] / MF (DH)[4]
背番号 2
利き足 右足[1][2]
ユース

1998-2000
2001-2003
2004-2007
下丸子シューターズ
FC東京U-15[5]
FC東京U-18
流通経済大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006 柏レイソル (特別指定) 15 (0)
2008-2009 柏レイソル 37 (1)
2010-2015 ベガルタ仙台 176 (9)
2016- 柏レイソル 49 (0)
代表歴
2006  日本 U-21
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月1日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

鎌田 次郎(かまた じろう、1985年7月28日 - )は、東京都大田区出身のプロサッカー選手Jリーグ柏レイソル所属、ポジションはディフェンダーミッドフィールダー

来歴[編集]

FC東京の下部組織出身。ユースでのチームメイトの攻撃陣・李忠成梶山陽平らがトップチームに昇格したのに対して、DFは市立船橋高校から増嶋竜也の獲得が決まったこともあり、昇格が叶わなかった。そこでJFLにも参戦している流通経済大学へ進学し、同大学サッカー部で頭角を現した。同部では主将を務め、関東大学リーグ及び総理大臣杯優勝の原動力となった[1]

大学3年の2006年には、当時J2にて1年でのJ1復帰を目指していた柏レイソル特別指定選手として参加(流通経済大学のある茨城県龍ケ崎市柏市は比較的近い)[6]。登録発表直後の第15節鳥栖戦で早速出場機会を得ると、当時台所事情の苦しかったチームにおいて第48節神戸戦まで15試合に出場し[1]、主力離脱の穴を埋めた。

2008年に大学を卒業し、柏と正式に契約[7]。ボランチとセンターバックをこなすユーティリティぶりを発揮し、またも主力の抜けた穴を埋める活躍をした。守備的ポジションながらリーグ・カップ戦共にゴールを決めており、同年代のセンターバックの小林祐三石川直樹、ボランチの大谷秀和らと共に将来の柏の守備を担う人材として、期待を集めた。2009年をもって契約満了[8]

2010年よりベガルタ仙台へ完全移籍[9][10]。センターバックのレギュラーを確保し、J1リーグ戦27試合に出場した。2011年6月、高校から交際していた同級生の一般女性と入籍。同年は東日本大震災後の川崎戦での逆転ゴールや年間通しての堅守を評価され、クラブの年間MVPおよびJリーグの優秀選手賞に選出された。2012年も31試合に出場、失点数は前年に比べ増えたものの、チームの2位に貢献し、2年連続でJリーグ優秀選手賞に選出された。2013年はチームに負傷者が相次いだため、センターバックとボランチで併用された。強烈なキャプテンシーと粘り強い守備で[2] 2014年はリーグ戦におけるチーム最多のボール奪取数を記録[11]。2015年も堅実な守備で[12] 重宝され、同年末に契約が切れる際には[13]強い慰留を受けた[14]

2016年、数年来のオファーに応え[13]、柏へ完全移籍[15][16]。7季ぶりの古巣復帰となった。自身をプロへスカウトした下平隆宏監督の下、同年序盤には右サイドバックでも起用され、鋭い読みと対人の強さで新境地を開拓した[3]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2005 流経大 36/37 JFL 2 0 - - 2 0
2006 2 2 0 - 0 0 2 0
2006 40 J2 15 0 - - 15 0
2007 流経大 2 JFL 6 0 - 1 0 7 0
2008 J1 26 1 5 1 0 0 31 2
2009 11 0 4 0 0 0 15 0
2010 仙台 27 2 8 0 0 0 35 2
2011 33 1 4 0 3 0 40 1
2012 31 3 5 0 1 0 37 3
2013 29 0 2 0 3 0 34 0
2014 31 2 6 1 1 0 38 3
2015 25 1 4 1 4 0 33 2
2016 16 0 4 0 1 0 21 0
2017 15 0 3 0 1 0 19 0
2018 18 0 0 0 1 0 19 0
2019 J2
通算 日本 J1 262 10 45 3 15 0 322 13
日本 J2 15 0 - 0 0 15 0
日本 JFL 10 0 - 1 0 11 0
総通算 287 10 45 3 16 0 348 13
  • 2006年は特別指定選手として出場
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2013 仙台 2 3 0
2018 0 0
通算 AFC 3 0

代表・選抜歴[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 選手データベース - ウェイバックマシン(2008年4月22日アーカイブ分) WEBサッカーマガジン (2008年2月21日)
  2. ^ a b c サッカーダイジェストNo.1324 特別付録 2015 J1&J2選手名鑑「最新版」』日本スポーツ企画出版社、2015年、32頁。
  3. ^ a b 『Jリーグ選手名鑑2017 J1・J2・J3 (エル・ゴラッソ特別編集)』三栄書房、2017年、52頁。
  4. ^ 仙台松下×鎌田Wボランチ起こせ化学反応 日刊スポーツ (2013年3月8日)
  5. ^ a b 1999年からFC東京U-15に改称。
  6. ^ a b c 流通経済大学 鎌田次郎選手 特別強化指定選手に 柏レイソル (2006年05月10日)
  7. ^ 流通経済大学 鎌田 次郎選手 新加入内定 柏レイソル (2007年8月30日)
  8. ^ 契約満了選手についてのお知らせ - ウェイバックマシン(2010年1月25日アーカイブ分) 柏レイソル (2009年12月3日)
  9. ^ 鎌田 次郎選手 ベガルタ仙台へ移籍 柏レイソル (2009年12月30日)
  10. ^ 鎌田次郎選手 完全移籍加入のお知らせ ベガルタ仙台 (2009年12月30日)
  11. ^ ELGOLAZO J1総集号 2014』スクワッド、2014年、100頁。
  12. ^ <ベガルタ> 鎌田、ボランチ起用へ - ウェイバックマシン(2015年9月13日アーカイブ分)河北新報 (2015年9月12日)
  13. ^ a b 【仙台】鎌田が柏に移籍へ 不動のDF、条件面大筋合意 - ウェイバックマシン(2015年11月16日アーカイブ分)スポーツ報知 (2015年11月15日)
  14. ^ 【仙台】柏からオファーの鎌田を全力で慰留 - ウェイバックマシン(2015年11月7日アーカイブ分)スポーツ報知 (2015年11月8日)
  15. ^ 鎌田次郎選手 柏レイソルへ完全移籍のお知らせ ベガルタ仙台 (2015年12月30日)
  16. ^ 鎌田次郎選手が移籍加入 柏レイソル (2015年12月30日)
  17. ^ 公式記録 (PDF) JFL (2005年10月29日)
  18. ^ 2011 J.LEAGUE AWARDS 優秀選手賞 Jリーグ
  19. ^ 2012 J.LEAGUE AWARDS 優秀選手賞 Jリーグ

関連項目[編集]