鎌田眞吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鎌田眞吾
SHINGO Kamata
宇都宮ブレックス
役職 代表取締役社長
兼務 GM
--
--
基本情報
本名 鎌田眞吾
ラテン文字 SHINGO Kamata
誕生日 (1977-09-05) 1977年9月5日(42歳)
日本の旗 日本
出身地 東京都中央区
ドラフト  
選手経歴
2000-2007 大塚商会

鎌田 眞吾(かまた しんご[1]1977年9月5日[2] - )は、日本の元男子バスケットボール選手、実業家。栃木ブレックス代表取締役社長ゼネラルマネージャー東京都中央区出身[2]白鴎大学経営学部経営学科卒業[2]

来歴[編集]

中学よりバスケットボールを始め[1]、大学4年時に主将を務める[2]

卒業後は大塚商会に入社し、OA機器営業職として勤務の傍らバスケットボール部に所属、2004-05シーズンからは主将を務めた[2]

2007年に引退と共に退社、ドリームチームエンターテインメント栃木(現:宇都宮ブレックス)に入社し、大学4年間を過ごした栃木県でプロバスケットボールチーム運営のためにスポンサー営業を担当した[1][2]

2008年5月、取締役就任[2]

2012年6月、新リーグNBLの要職に就く山谷拓志の後を受け、代表取締役社長就任[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “リンク栃木ブレックス 鎌田代表に聞くvol.1 「ステークホルダーとの関係性が強み」”. バスケット・カウント. (2016年9月19日). http://basket-count.com/article/detail/789 
  2. ^ a b c d e f g h ごあいさつ”. 株式会社栃木ブレックス. 2017年6月17日閲覧。

関連項目[編集]