鎌田薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鎌田 薫
人物情報
生誕 (1948-01-18) 1948年1月18日(71歳)
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学
学問
研究分野 民法学
テンプレートを表示

鎌田 薫(かまた かおる、1948年(昭和23年)1月18日 - )は、日本の法学者学校法人早稲田大学総長(第16代)、早稲田大学教授、法科大学院協会理事長。森・濱田松本法律事務所客員弁護士日本私立大学連盟会長。専攻は民法静岡県生まれ。

学説[編集]

「不動産物権変動と登記」、「金融担保法」、「倒産実体法」、「知的財産権の流通・流動化」、「民事立法学」を研究テーマに掲げている。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1973年(昭和48年) - 早稲田大学法学部助手
  • 1976年(昭和51年) - 早稲田大学法学部専任講師
  • 1978年(昭和53年) - 早稲田大学法学部助教授
  • 1978年(昭和53年) - フランス・パリ第2大学客員研究員
  • 1983年(昭和58年) - 早稲田大学法学部教授
  • 1990年(平成2年)- 早稲田大学法学部教務主任(学生担当)
  • 2001年(平成13年)- フランス・パリ大学区・パリ第1大学(ソルボンヌ大学)、第2大学交換研究員
  • 2004年(平成16年) - 早稲田大学大学院法務研究科教授
  • 2004年(平成16年) - 弁護士登録(東京弁護士会
  • 2005年(平成17年) - 早稲田大学大学院法務研究科長
  • 2009年(平成21年) - 早稲田大学法学学術院教授
  • 2010年(平成22年) - 早稲田大学総長(第16代)
  • 2018年11月5日 - 早稲田大学総長を退任

学外における役職[編集]

  • 1978年10月 - 経済産業省 産業構造審議会 臨時委員
  • 1989年10月 - 産業構造審議会臨時委員( - 2013年(平成25年))
  • 1991年 - 司法試験第2次試験考査委員( - 2000年(平成12年))
  • 1993年 - 法制審議会幹事・部会委員・臨時委員(民法部会、倒産法部会、担保・執行法制部会、不動産登記法部会長、動産・債権担保法制部会長、人名用漢字部会長ほか)( - 2005年(平成17年))
  • 1995年11月 - 中央薬事審議会委員( - 2001年(平成13年))
  • 2003年5月 - 最高裁判所司法修習委員会委員
  • 2003年7月 - 厚生労働省 医道審議会 臨時委員
  • 2004年4月 - 森・濱田松本法律事務所 客員弁護士(東京弁護士会所属)
  • 2004年4月 - JICAカンボジア「法制度整備プロジェクト」民法作業部会委員( - 2013年(平成25年))
  • 2005年4月 - 東京都収用委員会委員・会長代理( - 2011年(平成23年))
  • 2005年6月 - 文部科学省 中央教育審議会 大学分科会法科大学院特別委員会 専門委員
  • 2005年7月 - 国土交通省 土地鑑定委員会 委員長
  • 2007年3月 - 中央教育審議会大学分科会法科大学院特別委員会専門委員
  • 2009年11月 - 法務省 法制審議会民法(債権関係)部会 部会長
  • 2011年2月 - 文部科学省 科学技術・学術審議会委員
  • 2011年4月 - 法科大学院協会理事長
  • 2011年4月 - 原子力被害賠償紛争審査会委員
  • 2011年7月 - 産学協働人財育成円卓会議共同座長代理
  • 2012年4月 - 大学設置・学校法人審議会特別委員
  • 2013年1月 - 教育再生実行会議 委員(座長)
  • 2016年6月- 原子力損害賠償審査会会長 能見善久(68)の退任に伴い、新会長として就任
  • 2016年-  東京電力パワーグリッド株式会社特別役員
  • 2016年-  一般社団法人日本私立大学連盟会長[1]
  • 2019年-  一般社団法人大学スポーツ協会会長[2]

著書[編集]

  • 『分析と展開・民法II(債権)[第5版]』(弘文堂、2005年) - 山田卓生、野村豊弘、円谷峻、新美育文、岡孝、池田真朗)との共著
  • 『ロースクールを考える-21世紀の法曹養成と法学教育』(成文堂、2002年) - 角紀代恵、新美育文、高窪利一、鈴木重勝との共著
  • 『民法ノート物権法(1)〔第3版〕』(日本評論社、2007年、初版:1992年)
  • 『民法II-物権 [第3版]』(有斐閣、2006年、初版:1987年) - 淡路剛久、原田純孝、生熊長幸との共著
  • 『岩波講座・現代の法13消費生活と法』(岩波書店、1997年)
  • 『法学講義民法2物権』 (悠々社、2005年) - 奥田昌道との共編著
  • 『立法学講義』(商事法務、2006年) - 大森政輔との共編著
  • 『法学講義民法3担保物権』 (悠々社、2006年) - 奥田昌道との共編著
  • 『災害に強い社会をつくるために-科学の役割・大学の使命』(早稲田大学出版部、2012年)編著

論文[編集]

  • 「シンポジウム動産・債権譲渡公示制度の整備に向けて」金融法研究21号 (2005年)
  • 「不動産法セミナー(1)~(34)」(共著)ジュリスト1289 - 1371号 (2005年 - 2009年)
  • 「『二重譲渡』の法的構成」『民法の争点』(2007年)
  • 「法曹養成制度改革の現状と課題」司法研修所論集117号 (2008年)
  • 「物権変動論とその法構造」(共著)『現代民法学と実務(上)』(2008年)
  • 「民法(債権法)改正検討委員会の審議を終えて」(共著)NBL903号 (2009年)
  • 「当然対抗制度と民法理論」日本工業所有権法学会年報35号 (2012年)
  • 「民法がつなげる実務と理論-中間試案の特徴と審議の内容を踏まえて」(共著)NBL1000号 (2013年)
  • 「Higher Education in the Age of Globalization: Japan and France」(共著) Japanese Journal of European Studies, vol.2, 2014

受賞学術賞[編集]

  • 小野梓記念学術賞(1973年、国内)
  • 第20回神戸賞・奨励賞(1997年、国内)
  • カンボジア友好勲章(2009年、国外)

称号[編集]

所属学会[編集]

  • 日本私法学会(理事、2003年-2005年、国内)
  • 日本土地法学会(理事、1981年-、国内)
  • 金融法学会(理事、1996年-、国内)
  • 日仏法学会(理事、1999年-、国内)
  • 日本比較法学会(国内)
  • 日本法社会学会
  • 日本工業所有権法学会(国内)
  • (社)日本都市計画学会(理事、1992年-1996年、国内)
  • 日本公証法学会(国内)

学部ゼミ[編集]

早稲田大学法学部の鎌田ゼミでは慶應義塾大学・池田真朗研究会と毎年合同ゼミを行っている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 役員改選による役員の交代について
  2. ^ 設立時役員等候補の選任について
  3. ^ 法学教室2009年5月号、2008年3月号、2007年3月号、2006年4月号、2005年5月号、2004年3月号、2001年3月号、2000年4月号、1999年4月号、1998年3月号、1997年4月号等


学職
先代:
白井克彦
早稲田実業学校理事長
2010年 - 2018年
次代:
田中愛治