鎌田 (松本市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 長野県 > 松本市 > 鎌田 (松本市)
鎌田
—  町丁  —
鎌田の位置(長野県内)
鎌田
鎌田
鎌田の位置
座標: 北緯36度13分27.3秒 東経137度57分32.86秒 / 北緯36.224250度 東経137.9591278度 / 36.224250; 137.9591278
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Nagano Prefecture.svg 長野県
市町村 Flag of Matsumoto, Nagano.svg 松本市
人口 (2018年(平成30年)10月1日現在)[1]
 - 計 964人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 390-0837[2]
市外局番 0263 (松本MA)[3]
ナンバープレート 松本
※座標は森永乳業松本工場付近

鎌田(かまだ)は長野県松本市の市街地の西側にある地名。現行行政地名は鎌田1丁目及び鎌田2丁目。住居表示実施済み[4]郵便番号は390-0837[2]

概要[編集]

鎌田交差点には森永乳業松本工場があり、この地区のランドマークとなっている。工場や学校などで面積の半分近くを占められており、国道19号沿いには郊外型の店が多いが、裏道は住宅地となっている。国道19号と長野県道297号兎川寺鎌田線の2つの混雑する道路をかかえており、それらが交差する鎌田交差点では事故が多い。いずれの道も拡張される予定。

歴史[編集]

隣接する井川城に小笠原氏守護館が置かれると、この地区もその影響を受けて発展した。鎌田には北野天満宮(分宮)が作られ、鎌田天神と呼ばれていた。江戸時代に宮村町(深志3丁目)に移転し、深志神社となった。また入山辺にも「鎌田」と言う地名が存在する。

江戸時代には鎌田村を形成しており、寛永年間に高宮新田村を分村した。

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)10月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
鎌田1丁目 304世帯 653人
鎌田2丁目 141世帯 311人
445世帯 964人

小・中学校の学区[編集]

小中学校の学区は以下の通りである[5][6]

町名 小学校 中学校
鎌田 松本市立鎌田小学校 松本市立鎌田中学校

施設[編集]

  • 森永乳業松本工場
  • 松本市立鎌田小学校
  • 松本市立鎌田中学校

関連項目[編集]

  • 鎌田 - 曖昧さ回避のページ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 松本市の人口 - 世帯数大字町丁別人口・世帯数 - 月次別 最新”. 松本市 (2018年10月1日). 2018年10月8日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年9月26日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年9月26日閲覧。
  4. ^ a b 住居表示実施状況 - 松本市 (2016年2月10日). 2018年10月8日閲覧 (PDF)
  5. ^ 松本市立小学校通学区域指定表 (PDF) - 松本市
  6. ^ 松本市立中学校通学区域指定表 (PDF) - 松本市