鎮海高等海員養成所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鎮海高等海員養成所(ちんかいこうとうかいいんようせいじょ)は大韓民国海洋大学校の前身として、1919年から1945年の間、日本統治時代の朝鮮に設置された船員養成学校である。

概要[編集]

現韓国慶尚南道付近に所在し、卒業後は本土の商船学校と同等の資格を得た。1945年8月15日横須賀海兵団において教育訓練中であった海軍予備員候補者高等商船学校商船学校、鎮海高等海員養成所生徒)による東京特別陸戦隊の編成に際しては、鎮海海員養成所出身者のみが隊員から除外された。また海軍兵学校が外地人の入校を認めていなかったこともあり、独立後、本校出身の多くが韓国海軍に将校として入隊、その発展に貢献した。

卒業生[編集]

  • 朴沃圭(第2代海軍参謀総長)
  • 鄭兢謨(第3代海軍参謀総長)
  • 李成浩(第5代海軍参謀総長)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 鎮海高等海員養成所同窓会 『鎮海高等海員養成所校史』
  • 関口常春 『夜光珠 - 第六期 海軍予備練習生訓練記録』 松文堂 1995年