鏑木誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鏑木 誠
Kaburagi Makoto.jpg
生誕 1857年10月7日
上総国
死没 (1919-04-09) 1919年4月9日(61歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1878年 - 1918年
最終階級 海軍少将
テンプレートを表示

鏑木 誠(かぶらぎ まこと、1857年10月7日安政4年8月20日) - 1919年大正8年)4月9日)は、日本の大日本帝国海軍軍人。海軍少将従四位勲三等

経歴[編集]

医師・鏑木玄悦の二男として1857年(安政4年)に上総国(現・千葉県夷隅郡に生まれる。

明治4年3月に慶應義塾に入学し、箕作佳吉らと勉学に励む。のち、海軍兵学校5期)へ転ずる。兵学校卒業後、少尉候補生を経て1886年大尉。千島回航事務取扱委員(艦長心得)に抜擢され、軍艦「千島」委員長としてイギリスに派遣される。帰朝の際、愛媛県興居島沖にてイギリス「BO」社の汽船と衝突し、船が沈没するが難を逃れる。

第四水雷艇隊(司令)として日清戦争で功を挙げる。その後軍令部第一局東京防御総督部参謀に補せられ、在イタリア公使館付武官、後にイギリス公使館付武官、転じて大佐に進む。このとき、伊東祐亨軍令部長に宛てた5月9日付電報によれば、鏑木はイギリスの潜水艇の実地検分を行い、その上で彼は、潜水艇を「山師的なもの」で実戦に使用するなど到底できない、と切り捨てている[1]日露戦争時には駐英公使館付武官で、戦後、海軍少将に抜擢される。語学に秀でており、イギリス・フランスイタリアとの外交でも秀でたものがあった。この時、師である福澤諭吉から勝利を祝う書簡を受け取っている[2] 。その後交詢社での戦勝祝賀会に参加。

和泉」艦長、「鎮遠」艦長、佐世保水雷団長、呉港務部長兼呉予備艦部長、呉水雷団長、佐世保水雷団長を経て予備役。1914年(大正3年)3月1日に後備役となる[3]1918年8月20日に退役した[4]

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Journal of international security 31巻 国際安全保障学会
  2. ^ 『福澤諭吉書簡集, 第7巻』 岩波書店 2003年 P,357
  3. ^ 『官報』第476号、大正3年3月3日。
  4. ^ 『官報』第1816号、大正7年8月21日。
  5. ^ 『官報』第1033号「叙任」1886年12月8日。

参考文献[編集]