鏑木豪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鏑木 豪 Football pictogram.svg
名前
愛称 カブ[1]
カタカナ カブラキ ゴウ
ラテン文字 KABURAKI Go
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-08-26) 1977年8月26日(41歳)
出身地 東京都品川区[2]
身長 190cm
体重 81kg
選手情報
在籍チーム tonan前橋サテライト
ポジション GK
背番号 1
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2000 横浜F・マリノス 0 (0)
1999 ジュビロ磐田 (loan) 0 (0)
2001 FC東京 0 (0)
2002 ヴィッセル神戸 0 (0)
2002 アビスパ福岡 (loan) 0 (0)
2003-2004 水戸ホーリーホック 16 (0)
2005-2006 アルテ高崎[注 1] 50 (0)
2006- tonan前橋[注 2]
1. 国内リーグ戦に限る。2014.1.25現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

鏑木 豪(かぶらき ごう、1977年8月26日 - )は、東京都品川区[2]出身のサッカー選手、サッカー指導者。関東サッカーリーグ2部・tonan前橋サテライト所属。ポジションはゴールキーパー(GK)

来歴[編集]

1994年及び1995年には東京都選抜として国体に出場。1996年国士舘大学に進学。同年の全日本大学選手権で優勝し、ベストGKに選出された。1997年には大学選抜としてユニバーシアードに出場した。

1999年よりプロ入りしたが、Jリーグでは中々活躍の機会を得られず、複数のクラブを渡り歩く。2003年のJ2第1節アビスパ福岡水戸ホーリーホックでJリーグ初出場[3][4]

2005年に加入したJFLFCホリコシ(後のアルテ高崎)では正GKとして出場を続けたが、クラブの資金難による選手一斉解雇により2006年シーズン途中に退団[5]。同年、図南SC群馬(後のtonan前橋)に加入し、群馬県1部関東2部、関東1部とチームの昇格に貢献した。前橋ではGKコーチも兼任[要出典]

選手としては2015シーズン限りで実質的な引退(形式的には選手登録はしている(GK不足対策の為))。 指導者としては2016シーズンからはザスパクサツ群馬U-18のGKコーチに就任(実質的に選手兼任ではない初の専任コーチ就任)。 2018シーズンからtonan前橋のGKコーチに就任。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1998 国士大 1 旧JFL - 0 0
1999 横浜FM 31 J1 0 0 0 0 - 0 0
磐田 0 0 0 0 - 0 0
横浜FM 0 0 0 0 0 0 0 0
2000 22 0 0 0 0 0 0 0 0
2001 FC東京 31 0 0 0 0 0 0 0 0
2002 神戸 21 0 0 - - 0 0
福岡 19 J2 0 0 - 0 0 0 0
2003 水戸 21 13 0 - 0 0 13 0
2004 3 0 - 0 0 3 0
2005 ホリコシ 31 JFL 29 0 - 3 0 32 0
2006 高崎 1 21 0 - - 21 0
2006 図南 41 群馬県1部 3 0 - - 3 0
2007 1 0 - 1 0 0
2008 前橋 0 - - 0
2009 関東2部 11 0 - - 11 0
2010 関東1部 8 0 - - 8 0
2011 - -
2012 - 0 0
2013 前橋サテ 群馬県1部 - -
2014 41 関東2部 - 0 0
2015 1 - -
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 J2 16 0 - 0 0 16 0
日本 JFL 50 0 - 3 0 53 0
日本 旧JFL - 0 0
日本 関東1部 8 0 - 0 0 8 0
日本 関東2部 11 0 - 0 0 11 0
日本 群馬県1部 0 - 1 0 0
総通算 0 0 4 0
その他の公式戦出場

個人タイトル[編集]

  • 関東サッカーリーグ2部 ベストイレブン (2009年[7])

指導歴[編集]

  • tonan前橋 GKコーチ (選手兼任)
  • 前橋工業高校サッカー部 GKコーチ
  • ゴールキーパーアカデミー

資格[編集]

  • JFA公認B級GKコーチ[8]
  • JFA公認B級コーチ[9]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ a b 2006年に「FCホリコシ」から「アルテ高崎」へ改称。
  2. ^ a b 2008年に「図南SC群馬」から「tonan前橋」へ改称。
出典
  1. ^ a b 『FC東京ファンブック2001』毎日新聞社、2001年、61頁。
  2. ^ a b c 鏑木豪選手移籍決定のお知らせ - ウェイバックマシン(2004年5月13日アーカイブ分) FC東京 2001.12.25
  3. ^ a b c d 登録選手一覧表 - ウェイバックマシン(2004年12月8日アーカイブ分) Jリーグ 2004.12.10
  4. ^ 公式記録 2003Jリーグ ディビジョン2 第1節第1日 Jリーグ (2003年3月15日)
  5. ^ a b 皆さんにお知らせ - ウェイバックマシン(2006年8月25日アーカイブ分) アルテ高崎選手会 (2006年6月30日)
  6. ^ 鏑木豪選手 加入のお知らせ - ウェイバックマシン(2002年1月12日アーカイブ分) FC東京 (2000年12月27日)
  7. ^ ベストイレブンが発表 = 関東サッカーリーグ TOKYO FOOTBALL (2009年9月16日)
  8. ^ 2017 年度ゴールキーパーB 級コーチ養成講習会 合格者 (PDF) 日本サッカー協会 2017.02.16
  9. ^ 2007(平成19)年度 公認B級コーチ養成講習会 合格者【376名】 (PDF) 日本サッカー協会 2008.04.10

関連項目[編集]