鏡心一刀流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

鏡心一刀流(きょうしんいっとうりゅう)とは、横田豊房が開いた剣術流派小田原藩で伝承された。

横田豊房は、小田原藩の飛び地であった下野国真岡の農民であった。一刀流剣術を学び鏡心一刀流を開いた。

1771年明和8年)、横田は小田原城下に移り、小田原藩の剣術師範となった。あまり礼儀作法や精神修養に厳しくなかったためか、横田の道場には武士以外の町人階層からも多く入門し、大いに栄えた。

幕末伊庭八郎の左手首を斬った高橋藤五郎を輩出した。

参考文献[編集]

  • 渡辺一郎 『幕末関東剣術英名録の研究』 渡辺書店 1967年
  • 綿谷雪・山田忠史 編 『増補大改訂 武芸流派大事典』 東京コピイ出版部 1978年