長さの逆数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長さの逆数(ながさのぎゃくすう)は、数学科学のいくつかの分野で使用される物理量である。名前の通り長さ逆数次元 (L−1) を持つ。この物理量に使用される一般的な単位は、国際単位系 (SI) では毎メートル (m−1)、CGS単位系では毎センチメートル (cm−1) である。

長さの逆数の次元を持つ量には、以下のものがある。

エネルギーの計量[編集]

長さの逆数はエネルギーの尺度として使用されることがある。プランク・アインシュタインの関係英語版によって、光子エネルギー英語版光子周波数に比例する。光速度は一定なので、波長の逆数である波数は周波数に比例し、よって光子エネルギーに比例する。例えば、1毎センチメートル(cm−1)は、波長1 cmの光子が持つエネルギーに等しく、約1.24×104 eV1.986×10−23 Jになる。

参考文献[編集]