長久保裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Pix.gif 長久保裕
Hiroshi NAGAKUBO
Figure skating pictogram.svg
photo by David W. Carmichael
2010年中国杯 キス&クライでの長久保(左) 鈴木明子
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: (1946-12-14) 1946年12月14日(71歳)
出生地: 山梨県
元パートナー: 長沢琴枝

長久保 裕(ながくぼ ひろし、1946年12月14日[1] - )は、日本の元フィギュアスケート選手、フィギュアスケートコーチ。1972年札幌オリンピック代表。

経歴[編集]

山梨県出身[1]山梨大学附属中学校山梨県立甲府第一高等学校、日本大学卒業[1]1966年全日本フィギュアスケートジュニア選手権男子シングルで優勝。1967年から1971年まで、長沢琴枝とともに全日本フィギュアスケート選手権ペア5連覇。1972年札幌オリンピックでペア16位に入った。

競技を引退してからは千葉・新松戸で指導者となる[1]1988年から仙台市の「泉DLLアカデミー」のコーチとなる[1]。この頃、仙台には及川史弘がいた。その後、長久保に師事すべく各地から有望選手が集まり、1998年長野オリンピックには本田武史田村岳斗荒川静香荒井万里絵と4人の教え子が出場した[2]

2006年4月、仙台のリンクが閉鎖するのに伴い、名古屋市にあるスケートリンクの専属コーチとなる。仙台で長久保に師事していた有望選手数人も、長久保とともに名古屋市に移住した。2009年2月、胃癌の手術を受け、手術は成功し回復に向かう。現在、本郷理華日野龍樹らをコーチしており、日本フィギュアスケーティングインストラクター協会副理事長も務める。

長久保の教え子でありISUテクニカルコントローラーを務める天野真は長久保について「世界を見渡しても長久保先生程(ジャンプを)教えるのが上手な人はいない」と評価している。

主な戦績[編集]

大会/年 1967-68 1968-69 1969-70 1970-71 1971-72
オリンピック 16
世界選手権 16 15
全日本選手権 1 1 1 1 1

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『氷上の貴公子 本田武史・田村岳斗長野オリンピックグラフィティ』マガジン・マガジン、1998年3月、p.100
  2. ^ 『氷上の貴公子』p.99

関連項目[編集]