長井氏克

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
長井氏克

長井 氏克(ながい うじかつ、1841年11月26日天保12年10月14日[1]) - 1904年明治37年)10月9日[2])は、衆議院議員立憲政友会)、市長。

経歴[編集]

津藩士の子として伊勢国津に生まれる。戊辰戦争の際には大軍監として藩兵を率いて仙台秋田に進軍した。1869年(明治2年)、津藩少参事に就任し、1871年(明治4年)には権大参事に昇進した。

1878年(明治11年)、「伊勢新聞」を創刊し、社長に就任した。また代言人免許を取得し、代言組合会長になった。

1880年(明治13年)より三重県会議員、同議長を務めた。1887年、三重同志会を立ち上げて自由民権運動を推進し、大同団結運動に参加し、自由党が成立するとこれに加入した。

1889年(明治22年)に津市会議員、同議長に選ばれ、翌年には津市長に就任した。1900年(明治33年)、立憲政友会創設の際には三重県支部創立委員となった。

1902年(明治35年)の第7回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。合計で3期務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第十八回帝国議会衆議院議員名簿』(第十八回帝国議会衆議院公報第一号附録)〔1903年〕、11頁。
  2. ^ 『官報』第6386号、明治37年10月11日。

参考文献[編集]

  • 『新選代議士列伝』 金港堂、1902年