長井貞頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
長井貞頼
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代
生誕 不詳
死没 南朝:正平18年/北朝:貞治2年(1363年
官位 弾正蔵人
幕府 鎌倉幕府室町幕府
主君 北条高時足利尊氏義詮
氏族 大江姓長井氏
父母 父:長井頼秀 母:臼井氏
貞広、頼元

長井 貞頼(ながい さだより)は、鎌倉時代末期から南北朝時代の武将備後国人長井氏4代当主。

生涯[編集]

鎌倉幕府に仕えていたが、建武の新政後は足利尊氏に従って活動する。備後国の所領以外に播磨国浦上荘、越後国社荘、出雲国来次荘の地頭職を得た。南朝:正平6年/北朝:観応2年(1351年)から始まる観応の擾乱で備後国内が混乱すると、備後守護岩松頼宥に援軍を送るなど支援している。南朝:正平18年/北朝:貞治2年(1363年)に足利直冬党と戦い、討死した。

参考資料[編集]

  • 広島県編『広島県史 中世 通史II』広島県、1984年

関連項目[編集]