長命と短命について

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
自然学小論集 > 長命と短命について

長命と短命について』(: Περὶ μακροβιότητος καὶ βραχυβιότητος: De longitudine et brevitate vitae: On Length and Shortness of Life)とは、アリストテレス名義の自然学短篇著作の1つであり、『自然学小論集』を構成する7篇の内の1つ[1]

構成[編集]

全6章から成る。

  • 第1章 - 本篇の問題。長命と短命の原因。健康・病気との関係。類的差異と種的差異。
  • 第2章 - 死滅の性質。付随的か自然的か。霊魂・身体と死滅。
  • 第3章 - 死滅の原因としての内在的対立。内在的対立による剰余の産出と変化。
  • 第4章 - 身体の大小と生命の長短の関連性。有血・有足、さらにその中の大なるものが比較的長命。
  • 第5章 - 死滅の原因としての乾・寒。種子の寡多と生命の長短。
  • 第6章 - 植物が動物より長命な理由。植物・昆虫との比較。

内容[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『アリストテレス全集6』 岩波 p.169

関連項目[編集]