長坂康正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長坂 康正
ながさか やすまさ
生年月日 (1957-04-10) 1957年4月10日(62歳)
出生地 愛知県尾西市(現・一宮市
出身校 青山学院大学経済学部
前職 愛知県議会議員、海部俊樹秘書、内閣官房調査員
所属政党 自由民主党麻生派
称号 学士
公式サイト 長坂康正 衆議院議員 公式サイト

選挙区 愛知9区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月18日[1] - 現職

選挙区 尾西市選挙区→
一宮市選挙区
当選回数 6回(補欠選挙含む)
在任期間 1994年5月22日 - 2012年11月30日
テンプレートを表示

長坂 康正(ながさか やすまさ、1957年4月10日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)、内閣府大臣政務官復興大臣政務官。元愛知県議会議員(6期)。

来歴[編集]

愛知県尾西市(現・一宮市)生まれ[2]知多郡東浦町で育つ。東海学園東海高等学校卒業後、青山学院大学経済学部に進学。大学を卒業した1980年(昭和55年)に海部俊樹衆議院議員の私設秘書となる。公設秘書を経て、海部が首相に就任した1989年(平成元年)からは総理大臣官邸で内閣総理大臣秘書(内閣官房調査員)を務めた[3]

1991年(平成3年)4月の愛知県議会議員選挙に知多郡第一選挙区から無所属で立候補するも、自民党現職の日高昇に敗れ落選[4]

1992年(平成4年)2月2日、愛知県議会尾西市選挙区の浅野春義が死去。浅野が海部俊樹の系列に属していたことから、海部の後援会「尾西カイフ会連合会」は3月8日、同選挙区の補選に向けて当時東浦町に住んでいた長坂の擁立を決めた[5]。2日後に住所を尾西市に移し、告示日前日の3月12日、自民党からも公認を受けた。同日、織物販売会社社長の丹羽昭三が「無投票は好ましくない」と急遽出馬の意向を表明[6]。有権者の半数が "海部党" という尾西市において当選は盤石かと思えたが、594票の差で敗れ落選した[7][8]

1994年(平成6年)4月4日、丹羽昭三が死去[9]。同年5月22日に行われた愛知県議会議員補欠選挙に自民党公認で立候補し、初当選を果たす。6期連続当選。自民党愛知県連青年局長、県議団長、県連幹事長などを務めた。

衆議院議員[編集]

2011年(平成23年)12月16日、衆院選愛知9区に立候補する意志を固める[10]

2012年(平成24年)1月18日、自民党本部は愛知9区支部長を長坂に決定[11]。同年11月30日、県議を辞職[12]。同年12月16日第46回衆議院議員総選挙愛知9区から立候補し、当時の民主党現職の岡本充功ら4名の候補者を破り、初当選した[1]

2014年(平成26年)、第47回衆議院議員総選挙で再選。前回比例復活できなかった岡本を再び退けるも、岡本は比例区で当選を果たした。

2017年(平成29年)3月10日第3次安倍第2次改造内閣では、前任者の務台俊介の辞任に伴い、後任として内閣府大臣政務官地方創生地方分権改革海洋政策領土問題行政改革食品安全規制改革等担当[13][14])兼復興大臣政務官に就任[15]。同年8月10日発足の第3次安倍第3次改造内閣でも留任[16]

同年10月の第48回衆議院議員総選挙で3選。同年11月、第4次安倍内閣で内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官に再任(2018年10月まで)。

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

人物[編集]

  • 座右の銘は「理想は高く、姿勢は低く、いつも心に太陽を。」[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成24年(2012年)12月18日愛知県選挙管理委員会告示第111号(衆議院小選挙区選出議員選挙の当選者)
  2. ^ 衆議院議員 議員一覧 長坂康正君
  3. ^ a b 公式プロフィール”. 2019年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月22日閲覧。
  4. ^ 中日新聞』1991年4月8日付朝刊、県内総合、11面。
  5. ^ 『中日新聞』1992年3月9日付朝刊、県内版、18面、「尾西市選出県議補選 長坂氏(海部氏の秘書)が出馬へ」。
  6. ^ 『中日新聞』1992年3月13日付朝刊、県内版、18面、「長坂氏を公認 尾西市選出の県議補選で自民党県連」。
  7. ^ 『中日新聞』1992年3月23日付朝刊、県内版、20面、「県議会尾西市補選 594票差 丹羽氏勝つ 転入候補に厳しい批判」。
  8. ^ 『中日新聞』1992年3月23日付朝刊、県内版、20面、「手綱緩む“海部党” 市議の一部に不協和音」。
  9. ^ 『中日新聞』1994年4月6日付朝刊、30面、「離合衆参 どうなる政界/ 県議会新会派にいきなり試金石 自民も雪辱の構え 丹羽県議死去で来月尾西市補選」。
  10. ^ 『中日新聞』2011年12月16日付夕刊、12面、「長坂県議 衆院選出馬へ 海部氏元秘書、地盤継ぐ 愛知9区」。
  11. ^ 『中日新聞』2012年1月19日付朝刊、県内版、18面、「衆院9区支部長 長坂県議に決定 自民党本部」。
  12. ^ 9区出馬のため長坂県議が辞職 - 中日新聞・愛知ニュース
  13. ^ 第193回国会 地方創生に関する特別委員会 第3号
  14. ^ 第193回国会 内閣委員会 第4号
  15. ^ 長坂政務官「地域に寄り添う」 引責辞任の務台氏後任 日本経済新聞 2017/3/10
  16. ^ 改造内閣 副大臣と政務官の顔触れ”. 毎日新聞 (2017年8月7日). 2017年8月7日閲覧。
  17. ^ a b c d e f 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  18. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  19. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
公職
先代:
武村展英
豊田俊郎
務台俊介
島田三郎
井野俊郎
田野瀬太道
井原巧
根本幸典
井林辰憲
宮澤博行
日本の旗 内閣府大臣政務官
武村展英村井英樹
豊田俊郎山下雄平
島田三郎小林史明
井野俊郎山下貴司
田野瀬太道新妻秀規
井原巧平木大作
根本幸典簗和生
井林辰憲武部新
宮澤博行福田達夫と共同

2017年 - 2018年
次代:
長尾敬
舞立昇治
安藤裕
古賀友一郎
白須賀貴樹
石川昭政
阿達雅志
菅家一郎
山田宏
先代:
務台俊介
田野瀬太道
井原巧
日本の旗 復興大臣政務官
田野瀬太道新妻秀規
井原巧平木大作と共同

2017年 - 2018年
次代:
安藤裕
白須賀貴樹
石川昭政