長塚圭史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ながつか けいし
長塚 圭史
生年月日 (1975-05-09) 1975年5月9日(43歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 181cm
職業 劇作家演出家俳優ナレーター
ジャンル 映画舞台テレビドラマ
配偶者 常盤貴子(2009年 - )
著名な家族 長塚京三(父)
事務所 鈍牛倶楽部
公式サイト 公式プロフィール

長塚 圭史(ながつか けいし、1975年5月9日 - )は、日本の劇作家演出家俳優東京都出身。鈍牛倶楽部所属。身長181cm、体重65kg。父は俳優の長塚京三。妻は女優常盤貴子

人物[編集]

東京都立戸山高等学校を経て、1994年早稲田大学第二文学部演劇専修在学中に、「劇団笑うバラ」を結成。解散後、福田将就とのユニット「カーズ」を経て、1996年 演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を結成(後に伊達暁中山祐一朗が参加する)。主宰としてほぼ全ての作品の作・演出を手がける。

1998年3月、早稲田大学第二文学部演劇専修卒業、学位は学士(文学)。

2004年の『はたらくおとこ』の作・演出、及び『ピローマン』の演出で、第4回朝日舞台芸術賞と芸術選奨新人賞を受賞する。

俳優としても映画などに出演。映画『tokyo.sora』では高崎映画祭新人男優賞を受賞。

2008年9月から1年間、文化庁・新進芸術家海外留学制度でイギリスに留学した。

2009年10月20日常盤貴子と結婚したことを発表した[1]

2011年1月に「阿佐ヶ谷スパイダース」とは別のプロジェクト「葛河思潮社(くずかわしちょうしゃ)」の第一回公演として三好十郎の『浮標(ブイ)』を上演した。

受賞歴[編集]

  • 2002年 第17回高崎映画祭最優秀新人男優賞(石川寛監督『tokyo.sora』)
  • 2004年 第4回朝日舞台芸術賞(『はたらくおとこ』作・演出、『ピローマン』演出)
  • 2004年 第55回芸術選奨文部科学大臣新人賞(『はたらくおとこ』作・演出、『ピローマン』演出)
  • 2005年 第13回読売演劇大賞優秀作品賞(『LAST SHOW』作・演出)
  • 2006年 第14回読売演劇大賞優秀演出家賞(『ウィー・トーマス』演出)

主な作品[編集]

作・演出[編集]

  • クラフト(1994年、劇団RUDE)
  • グレート・ホールマン〜すごい穴男〜(1994年、劇団笑うバラ)
  • fault2(1994年、劇団笑うバラ)
  • Z〜俺が死んだ後の世界を誰が証明できるのか〜(1995年、劇団笑うバラ)
  • めたる・ゔぉ〜ぐ(1995年、劇団笑うバラ)
  • 灰色と茶色(1996年、ザ・グレートバンビ、共同演出)
  • GEBO1(1996年、劇団笑うバラ)
  • 無頼(1996年、劇団笑うバラ)
  • 館内放送担当山崎幸子(1996年、カーズ、共同演出)
  • イタリアン・カップ(1997年、カーズ、共同演出)
  • ザ・グレート・バンビ(1997年、カーズ、共同演出)
  • SAUDADE(1997年、阿佐ヶ谷スパイダース)
  • 黙れ!(1998年、CIGARO、作のみ)
  • SPIDERS LIMITED(1998年、阿佐ヶ谷スパイダース)
  • 鮫'98(1998年、阿佐ヶ谷スパイダース)
  • メロディ(1999年、阿佐ヶ谷スパイダース)
  • 綺麗(1999年、阿佐ヶ谷スパイダース)
  • スキャンティ・クラシッコ(1999年、阿佐ヶ谷スパイダース)
  • メオト綺想曲(2000年、山崎一プロデュース)
  • イヌの日(2000年、阿佐ヶ谷スパイダース)
  • 侍(2000年、長塚京三ひとり芝居)
  • ライヒ(2001年、阿佐ヶ谷スパイダース)
  • テキサス(2001年、HIGHLEG without JESUS 長塚JESUS)
  • 日本の女(2001年、阿佐ヶ谷スパイダース)
  • 麒麟(2001年)
  • 十字架(2002年、阿佐ヶ谷スパイダース)
  • ポルノ(2002年、阿佐ヶ谷スパイダース)
  • マイ・ロックンロール・スター(2002年、パルコ
  • みつばち(2003年、阿佐ヶ谷スパイダース)
  • はたらくおとこ(2004年、阿佐ヶ谷スパイダース)
  • 真昼のビッチ〜The Bitch Shouts in the Midday.〜(2004年、ヴィレッヂプロデュースVol.3 阿佐ヶ谷スパイダースPREMIUM)
  • 悪魔の唄(2005年、阿佐ヶ谷スパイダース)
  • 仮装敵国(2005年、AGAPEstore、共同脚本)
  • LAST SHOW(2005年、パルコ)[2]
  • 桜飛沫(2006年、阿佐ヶ谷スパイダース)
  • アジアの女(2006年、新国立劇場
  • 少女とガソリン(2007年、阿佐ヶ谷スパイダース)
  • ドラクル(2007年、Bunkamura
  • 失われた時間を求めて(2008年、阿佐ヶ谷スパイダース)
  • SISTERS(2008年8月、パルコ)
  • 音のいない世界で(2012年、新国立劇場)
  • あかいくらやみ 〜天狗党幻譚〜(2013年5月、シアターコクーン)

演出[編集]

その他[編集]

  • 夜叉ヶ池(2004年、シアター・ドラマシティ、脚色)

出演[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオレギュラー[編集]

ラジオドラマ[編集]

バラエティ[編集]

書籍[編集]

戯曲[編集]

  • みつばち(『せりふの時代』小学館、2003年夏号 掲載)
  • 悪魔の唄(『せりふの時代』小学館、2005年春号 掲載)
  • 桜飛沫(『せりふの時代』小学館、2006年春号 掲載)
  • LAST SHOW(パルコ、2006年6月)
  • はたらくおとこ(ゴーチ・ブラザーズ、2006年11月)
  • ドラクル(『文學界』2007年10月号 掲載)

その他[編集]

  • 『COFFEE SHOP』キネマ旬報社、2004年4月
  • 『COFFEE SHOP2』キネマ旬報社、2006年11月
  • 『ダブルトール』原宿カフェにて 実際にバリスタもこなす、1999年

脚註[編集]