長尾伸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

長尾 伸一(ながお しんいち、1955年2月18日[1] - )は、日本の経済学史学者、名古屋大学大学院経済学研究科教授。サントリー学芸賞受賞。

来歴[編集]

愛知県生まれ。1982年京都大学経済学部卒、87年同大学院博士課程満期退学、滋賀大学経済学部助手、1988年講師、1992年助教授、1995年広島大学経済学部助教授、1999年名古屋大学経済学部助教授。2001年『ニュートン主義とスコットランド啓蒙』でサントリー学芸賞受賞。2002年同書で京大経済学博士。2003年名大経済学研究科教授[2]

著書[編集]

  • 『ニュートン主義とスコットランド啓蒙 不完全な機械の喩』名古屋大学出版会 2001
  • トマス・リード 実在論・幾何学・ユートピア』名古屋大学出版会 2004
  • 『複数世界の思想史』名古屋大学出版会 2015

共編[編集]

翻訳[編集]

  • マルティン・イェニッケ,ヘルムート・ヴァイトナー編『成功した環境政策 エコロジー的成長の条件』長岡延孝共監訳 有斐閣 1998
  • ロジャー・ホリングスワースほか『制度の政治経済学』長岡延孝共編監訳 木鐸社 2000
  • ミランダ・A.シュラーズ『地球環境問題の比較政治学 日本・ドイツ・アメリカ』長岡延孝共監訳 岩波書店 2007
  • ロバート・ウェード『東アジア資本主義の政治経済学 輸出立国と市場誘動政策』畑島宏之、藤縄徹、藤縄純子共訳 同文舘出版 2000

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.333
  2. ^ 名古屋大学