長尾景人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
長尾景人
時代 室町時代後期
生誕 文安2年(1445年[1]?
死没 文明4年5月1日1472年6月7日
別名 通称:新五郎
戒名 積翁常善居士
墓所 栃木県足利市の長林寺
官位 但馬守
主君 上杉房顕
氏族 長尾氏
父母 父:長尾実景
兄弟 景住(憲景?)、景人房清
定景景長

長尾 景人(ながお かげひと)は、室町時代後期の武将山内上杉家の家臣である足利長尾氏の祖。下野国勧農城主。

略歴[編集]

長尾実景の次男として誕生。享徳3年(1454年)12月に父と兄・景住が関東管領上杉憲忠と共に足利成氏に殺害された為、家督を継いで上杉憲忠の弟・房顕に仕えて成氏と戦った(享徳の乱)。長禄3年(1459年)の太田庄の戦いにも参戦している。

寛正6年(1465年)、房顕の推挙で室町幕府から下野足利荘の代官に任命され、翌年11月、勧農城に入部した。以後、景人の一族は鎌倉長尾氏から足利長尾氏と呼ばれるようになる。上杉氏はここを拠点にして応仁2年(1468年)の上野国での綱取原合戦、文明3年(1471年)には下野に出陣、古河城を落としている。景人はこれらの合戦に加わったが、翌年になると成氏の反撃によって足利荘に攻め込まれ、その戦いの最中に死去。享年は28と推定される[1]。嫡男・定景が継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ a b 黒田基樹 編著『シリーズ・中世関東武士の研究 第一巻 長尾景春』(戒光祥出版、2010年)ISBN 978-4-86403-005-2 P17