長尾景信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
長尾景信
時代 室町時代中期 - 後期
生誕 応永20年(1413年
死没 文明5年6月23日1473年7月18日
別名 彦四郎、昌賢
戒名 玉泉宗徳
墓所 群馬県渋川市上白井の空恵寺
官位 左衛門尉
幕府 室町幕府 上野武蔵守護代
主君 上杉房顕顕定
氏族 白井長尾氏
父母 父:長尾景仲
兄弟 景信忠景、景明、太田資清正室
正室:長尾頼景
景春上杉定正正室、豊島泰経室、
大石憲儀室、千葉自胤

長尾 景信(ながお かげのぶ)は、室町時代中期から後期にかけての武将山内上杉家家宰白井長尾氏4代当主。上野国武蔵国守護代

生涯[編集]

長尾景仲の子として誕生。寛正2年(1461年)に父が高齢を理由に隠居したため、その跡を継いで山内上杉家の当主・上杉房顕の家宰となった。

文正元年(1466年)に房顕が嗣子無くして死去すると、8代将軍足利義政の命を奉じて、越後国守護大名であった上杉房定の次男・顕定を房顕の養子として迎えた上で山内上杉家を継がせ、文正2年(1467年)には関東管領にしている。そして景信自身は守護代として山内上杉家の実権を掌握し、陰の実力者として古河公方である足利成氏と対立する。

文明3年(1471年)4月には自らが総大将として上杉軍を率いて下野国に攻め入り、赤見城や樺崎城を落としている。同年5月には下総国に攻め入って、遂に成氏の居城・古河城をも陥落させた。しかし文明4年(1472年)に成氏が古河城を奪い返したため、再び自ら総大将として下総に攻め入り、足利軍と対峙する。戦いは優位に進めていたが、その最中である翌年6月23日、五十子陣において陣没した。享年61。

家宰職は弟・忠景が継いだが、これに不満を抱いた嫡男・景春が主君・顕定に対して反乱を起こす事になる(長尾景春の乱)。