長尾顕長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
長尾顕長
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 弘治2年(1556年
死没 元和7年2月8日1621年3月30日
主君 滝川一益後北条氏佐竹義宣
氏族 由良氏長尾氏
父母 父:由良成繁
母:赤井重秀娘・輝子(妙印尼)
養父:長尾当長
兄弟 由良国繁渡瀬繁詮顕長
成田氏長正室、黒田直之
養兄弟:政長?、広田直繁正室
正室:長尾当長娘
宣景、宣長

長尾 顕長(ながお あきなが)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将足利長尾氏当主。

生涯[編集]

弘治2年(1556年)、由良成繁の三男として誕生。足利長尾氏・長尾当長の娘を娶り、その家督を継いだ。

天正10年(1582年)に長兄・由良国繁と共に滝川一益に仕えたが、その後は後北条氏に従属した。天正13年(1585年)、隣国の佐野氏当主佐野宗綱と抗争し、これを討ち取った。天正18年(1590年)の豊臣秀吉小田原征伐では小田原城に籠もって戦ったため、北条氏滅亡後に所領を召し上げられて浪人となる。一時は常陸国佐竹義宣に仕えたが、その後再び流浪の身となった。子・宣景は後に土井利勝に仕えて家老職となったという。

関連項目[編集]

脚注[編集]