長岡茂一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長岡茂一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 (1965-08-08) 1965年8月8日(52歳)
身長 166cm
体重 51kg
血液型 O型
競艇選手情報
所属 東京支部
登録番号 3227
登録期 57期
級別 A1級
特徴 自在
選手実績
デビュー日 1985年11月
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

長岡 茂一(ながおか しげかず、1965年8月8日[1][2] - )は、東京都出身[3]競艇選手。登録番号3227[4]。身長165cm。血液型O型。57期。東京支部所属。師匠は山口雅司。愛称は「モイチ」。

来歴[編集]

父親は熱心な競艇ファンで、その影響から競艇選手を志す[2]東京都立松が谷高等学校を卒業後、競艇選手の養成所に入所[2]常滑競艇場で研修中に転覆して顔面にプロペラの直撃を受け、上顎と下顎を複雑骨折する重傷を負い、顎や歯の再生のため3か月半の入院生活を送る[5]。そのため同期生よりも半年遅れ、56期訓練生として本栖研修所に入ったが、57期生としてリーグ戦勝率7.82(57期リーグ戦勝率1位)の成績で卒業した[† 1]

1985年9月24日に選手登録されている[4]1985年11月多摩川競艇場にてデビュー。[† 2]デビューから半年でB級に、さらに半年後にA級に昇級[4]

人物・エピソード[編集]

  • プロペラグループは「BPクラブ」に所属。弟子の村田修次や孫弟子である富樫麗加らが所属。
  • 今村豊は長岡の長所として、度胸のよさとレースの組み立ての上手さを挙げている[7]
  • G1優勝は全部で11回を誇る。3度の大きな怪我を乗り越え、長らく東都のエース格として活躍してきたが、一時はA2落ちするなど、やや精彩を欠く状態であった。
  • かつて長岡をライバル視していた同支部の熊谷直樹は、2007年に多摩川競艇場で行われた(熊谷)自身のトークイベントで、先輩後輩関係なく毒舌ぶりを披露していたが、長岡に対しては「怪我多くて低迷しているけど、本来あいつは俺より強い」と発言。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 蛭子能収『競艇入門』、ポケットブック社、1992年11月、P161。
  2. ^ a b c 木村1992、164頁。
  3. ^ 蛭子1992、161頁。
  4. ^ a b c 木村1992、166頁。
  5. ^ 木村1992、164-166頁。
  6. ^ 木村1992、163頁。
  7. ^ 木村1992、170頁。

参考文献[編集]

  • 蛭子能収 『競艇入門』 ポケットブック社〈Pocket book 38〉、1992年。ISBN 978-4-341-14038-0。
  • 木村幸治 『水上の格闘者たち』 講談社1992年。ISBN 978-4-06-204715-9。