長峯かおり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長峯かおり Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナガミネ カオリ
ラテン文字 NAGAMINE Kaori
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1968-06-03) 1968年6月3日(51歳)
出身地 東京都小平市
身長 160cm
選手情報
ポジション FWMF
ユース
1981-1988 FC小平
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989-1990 日本 新光精工クレール 28 (3)
1991-1993 イタリア ACFレッジアーナ x (x)
1993-1998 日本 鈴与清水FC x (x)
代表歴
1983-1996  日本 64 (49[1])
監督歴
2001-2003 川崎フロンターレスクールコーチ
2004-20?? CCCフューチャーズ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

長峯かおり(ながみね かおり、1968年6月3日 - )はサッカー指導者、元女子サッカー選手。現役時代のポジションはフォワード東京都小平市出身。

来歴[編集]

小平市立小平第十小学校4年次にサッカーを始め、1981年にフットボールクラブ小平(後の新光精工FCクレール)に入団した。1983年に日本女子代表入りし、翌1984年10月22日に中華人民共和国西安で開催されたオーストラリア女子代表戦で初出場。第11回アジア競技大会にも出場した。第1回世界選手権のアジア予選を兼ねて行われた1991 AFC女子選手権では、5月26日に福岡県平和台陸上競技場で行われた北朝鮮戦で得点をあげた。

1991年に日本大学文理学部を卒業後は同大学のサッカー部で練習参加する形でサッカーを続け、同年開催のFIFA女子世界選手権に出場。翌12月にイタリアセリエA所属のACFレッジアーナ・レフラッターリ・ザンベッリに入団。アジア人初のセリエA選手となる。加入初年度にリーグ優勝、翌1992-93年度シーズンにはリーグと女子コッパ・イタリアの2冠を経験した。しかしシーズン終了後レッジアーナは財政難のためリーグを離れ、それに伴い長峯も退団して日本に戻った。

1993年6月に鈴与清水FCラブリーレディースでプレーするかたわら、準指導員コースの講習にも通った。そして第12回アジア大会(1994年)第2回FIFA女子世界選手権大会(1995年)に出場。最後の招集となった1996年までに 日本代表として64試合に出場。代表49得点は2004年澤穂希に抜かされるまで永らく日本女子の歴代トップの成績であった。

2000年に鈴与清水FCラブリーレディースが廃部となり引退。そのころ公認C級指導者ライセンス(2004年の資格改正により公認B級コーチ)を取得し、2001年からJリーグ川崎フロンターレの下部組織でサッカースクールのコーチとして小学生の児童や中学生以上の女子の指導にあたり、また2004年より中学生を中心とした女子チーム「CCCフューチャーズ」を結成し監督を務めた。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
1989 新光精工クレール 16 JLSL 10 2
1990 18 1
イタリア リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
1991 ACFレッジアーナ セリエA
1992
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
1993 鈴与清水ラブリーレディース 24 JLSL
1994 12 L・リーグ 19 6
1995 7 7 2
1996 17 4
1997 18 1
1998 6 17 0
通算 日本 1部
イタリア セリエA
総通算

代表歴[編集]

日本女子代表

64試合49得点[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 【なでしこ】歴代2位は長峯かおりの49得点に訂正 スポーツ報知 2014年3月11日閲覧(web魚拓保存措置)