長島律太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長島 律太郎(ながしま りつたろう、1868年3月18日(慶応4年2月25日[1])- 1925年大正14年)1月31日[1][2])は、日本の農業経営者、政治家衆議院議員埼玉県北足立郡小谷村長

経歴[編集]

武蔵国足立郡小谷村(のち埼玉県北足立郡小谷村、現:鴻巣市)で、小谷村長を務めた長島基吉の長男として生まれる[1][3]1890年東京専門学校政治科を卒業し、農業を営む[1][2]

北足立郡会議員、同参事会員、埼玉県会議員、同参事会員、小谷村長などを務めた[1][2]

1917年4月、第13回衆議院議員総選挙で埼玉県選挙区から憲政会所属で出馬して当選し、衆議院議員を一期務めた[1][2]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『埼玉人物事典』579頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』468頁。
  3. ^ 『埼玉壱百人』70-72頁。

参考文献[編集]

  • 埼玉県教育委員会編『埼玉人物事典』埼玉県、1998年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 岸上克己『埼玉壱百人』埼玉通信社ほか、1917年。