長島清隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ながしま きよたか
長島 清隆
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 千葉県浦安市
生年月日 (1974-11-29) 1974年11月29日(44歳)
血液型 A型
最終学歴 早稲田大学法学部
勤務局 広島テレビ放送
部署 報道部長 兼 解説委員
職歴 広島テレビ アナウンサー
NNNニューヨーク支局特派員
広島テレビ ニュースキャスター
活動期間 1997年 -
出演番組・活動
出演中テレビ派』(解説委員)
出演経歴 本文参照
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

長島 清隆(ながしま きよたか、1974年11月29日 - )は、広島テレビ放送ニュースキャスターで、同局の元アナウンサー。2015・2016年度には、日本テレビ報道局への出向扱いで、NNNニューヨーク支局の特派員を務めた[1]。2017年4月から広島テレビに復職。同局の公式サイトでは、「ニュースキャスター」という肩書で紹介されている。

来歴・人物[編集]

千葉県浦安市の出身で、早稲田実業高校[2]から早稲田大学法学部へ進学。大学卒業後の1997年に、アナウンサーとして広島テレビに入社した。同期入社のアナウンサーに、馬場のぶえがいる。

広島テレビへの入社後は、スポーツアナウンサーとして、サッカー・野球の実況中継を担当。2005年4月から2014年12月23日[3]までは、平日夕方の生ワイド番組(『テレビ宣言』 → 『旬感テレビ派ッ!』→ 『テレビ派』)でニュースキャスターを務めた。

ニュースキャスター時代には、出演番組で自ら取材を担当するコーナーや、公式ブログに「長島リポート」というタイトルを入れていた。また、担当期間中に、アナウンス部から報道制作部へ異動(時期不明)。報道制作部所属の「キャスター」として『テレビ派』への出演を続けるかたわら、ディレクターとして、『WATCH~真相に迫る~』(毎月最終土曜日の深夜に放送中の自社制作番組)[4]や『NNNドキュメント』(NNN全国ネット番組)向けにドキュメンタリーを制作した[5]

2015年以降は、報道制作局の記者[3]を経て、NNNニューヨーク支局へ特派員として赴任。赴任後は、取材先からの生中継やVTRリポートで、NNNの全国ニュースや広島テレビの報道番組に随時登場していた。

2017年4月に復職し、ニュースキャスターとして『テレビ派』に出演している。同番組のコーナー「Anchor」では解説委員の肩書で出演している。また、2018年7月に発生した平成30年7月豪雨の際には、同災害の取材で陣頭指揮を取っている[6]

アナウンサー時代の担当番組[編集]

  • スポーツ中継
  • ローカルニュース(NNN全国ニュース番組のローカルパート)
  • テレビ派
    • 前身番組の『旬感テレビ派ッ!』時代から、ニュースキャスターを担当するかたわら、不定期で「長島レポート」を放送していた。
  • 広島県議会ダイジェスト
  • サンデーリポートひろしま(2005年度春改編から『ひろしまサンデースタジオ』に改題)
  • テレビ宣言にゅー(2005年度春改編から『テレビ宣言』に改題)
  • こちらマル○生活研究所
  • 広島ゴルフ情報
  • テレビ宣言(オープニングの直後に「長島リポート」を放送)
  • 旬感テレビ派ッ!(2011年春改編から『テレビ派』に改題)

脚注[編集]

  1. ^ 広島テレビ「原爆の日特別番組 テレビ派×池上彰の『つなぐヒロシマ』〜被爆70年のその先に〜」2015年8月6日放送)
  2. ^ 球史に残る決勝戦(広島テレビ公式ブログ『長島リポート』2006年8月21日付記事)
  3. ^ a b テレビ派卒業 みなさんに感謝です(『長島リポート』2014年12月30日付記事)
  4. ^ 今夜のWATCH(『長島リポート』2013年8月31日付記事)
  5. ^ NNNドキュメント(『長島リポート』2014年8月2日付記事)
  6. ^ 2018年8月6日に広島テレビのスタジオから放送された情報ライブ ミヤネ屋のテロップ紹介より