長島甲子男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
長島 甲子男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県
生年月日 1924年6月14日(92歳)
身長
体重
167 cm
56 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1942年
初出場 1943年8月8日
最終出場 1943年8月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

長島 甲子男(ながしま かねお/きねお、1924年6月14日 - )は、鹿児島県出身のプロ野球選手。ポジションは捕手

来歴・人物[編集]

鹿児島実業を経て、1942年5月25日名古屋軍に入団。太平洋戦争での出征を経て、1946年6月13日中部日本に復帰。1947年シーズンオフに球団社長の赤嶺昌志が辞任し、同時に赤嶺の後を追って10名の選手と共にチームを退団。1948年急映フライヤーズに移籍した。しかし、名古屋・中部日本・中日・急映全てを通じて、正捕手・藤原鉄之助(急映時代は清家忠太郎にも)の壁に阻まれ、1943年に代走で1試合出場しただけにとどまった。1948年シーズン終了後に現役引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1943 名古屋 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 0 -- ---- ---- ---- ----
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 0 -- ---- ---- ---- ----

記録[編集]

背番号[編集]

  • 31 (1942年 - 1943年・1946年 - 1948年)

関連項目[編集]