長崎あじさい病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 長崎あじさい病院
NTT-West Nagasaki Hospital.jpg
情報
正式名称 長崎あじさい病院
前身 長崎逓信病院
許可病床数 74床
開設者 医療法人昭和会
管理者 佐々木誠(院長)
開設年月日 1930年8月11日
所在地
850-0918 
長崎県長崎市大浦町10番40号
位置 北緯32度44分10秒 東経129度52分22秒 / 北緯32.73611度 東経129.87278度 / 32.73611; 129.87278
二次医療圏 長崎
PJ 医療機関
テンプレートを表示

長崎あじさい病院は、旧逓信省(現総務省)管轄の医療機関として運営され、後にNTT西日本による企業立病院であるNTT西日本九州病院に移行。一般にも開放されていた。2014年4月1日医療法人昭和会へ事業譲渡され長崎あじさい病院に改称した。

沿革[編集]

  • 1930年(昭和5年)8月11日 - 熊本逓信病院(後のNTT西日本九州病院)長崎支所として長崎市紺屋町に開設。(共済組合経営)
  • 1935年(昭和10年)12月 - 長崎逓信診療所となる。
  • 1937年(昭和12年)2月1日 - 官設移管。
  • 1948年(昭和23年)9月1日 - 長崎逓信病院となる。
  • 1963年(昭和38年)9月1日 - 現在地に新築移転。
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 医療法人昭和会に事業譲渡し、長崎あじさい病院に改称

診療科目[編集]

交通[編集]

参考文献[編集]

  • 日本電信電話公社九州電気通信局編 『九州の電信電話百年史』 電気通信共済会九州支部、1971年。