長崎ケーブルメディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社 長崎ケーブルメディア
Nagasaki Cable Media Inc.
種類 株式会社
略称 NCM
本社所在地 日本の旗 日本
850-0052
長崎県長崎市筑後町5番8号
設立 1986年10月24日
業種 情報・通信業
法人番号 9310001001296
代表者 代表取締役会長 松藤悟
代表取締役社長 峰 利克
資本金 4億8,000万円
従業員数 60名
主要株主 長崎放送、エムエスケイ、野母商船、製缶陸運、十八銀行、新興タクシー、ネッツトヨタ長崎、ひぐち、長崎トヨペット、昭和タクシー、親和銀行、菅藤産業、長崎石油プロパン、長崎電気軌道、長崎魚市、長崎自動車長崎新聞社、福建、長崎銀行、丸寿タクシー、観光タクシー、プラネット、林田ビル、長崎プロパン 他
外部リンク http://www.cncm.ne.jp/
テンプレートを表示

長崎ケーブルメディア(ながさきケーブルメディア、通称NCM)は、長崎県長崎市の一部をエリアとするケーブルテレビ局である。

概要[編集]

長崎市における都市型ケーブルテレビ局として、平成の大合併前の市域を主要エリアとする。地元有力企業が出資するが、民放はNBC長崎放送だけが株主となっている。一方で長崎文化放送に出資する地元長崎新聞も出資している。

県外の民放テレビについては、福岡県の民放を再送信していたが、系列の被りが無いTVQ九州放送を除いては、デジタル放送開始前に取り止めとなったが、これはNBCが反対した為というよりは、地デジ化により山がちな長崎県内においては中継局が数多い故にUHFのチャンネルの空きが殆ど無く、「アナ・アナ変換」を機に県外波を受信できなくなったという技術的な問題によるところが正確な理由のようである。

デジタル放送の配信は日本デジタル配信のシステムを使用している。なお長崎県内にはお隣佐賀県大分県のような県内事業者への配信を一括している再配信業者が無く、JC-HITSを採用している事業者もある。

本社
長崎市筑後町5番8号
2012年5月7日に長崎市勝山町37番地から移転した。

歴史[編集]

1986年11月1日
「長崎ケーブルテレビジョン」の名称で、サービス開始
2000年
現社名に変更
2004年4月1日
TVQ九州放送以外の福岡民放再送信を中止
2008年12月1日
TVQデジタル波の再送信を開始
2012年5月7日
本社事業所を移転

サービスエリア[編集]

いずれも一部に限られる。

主な放送チャンネル[編集]

地上波系列別再送信局[編集]

NHK-G NHK Eテレ NNS ANN JNN TXN FNS JAITS
NHK長崎 長崎国際テレビ 長崎文化放送 長崎放送 TVQ九州放送 テレビ長崎

テレビジョン放送[編集]

  • 斜字 は配信終了。
  • アナログで斜字になっていない局は「デジアナ変換」による再送信対象。
  • ※印または★印(デジタル基本プランか525プランのみ対象)のチャンネルは、別途個別に視聴契約が必要なチャンネル。なお視聴可能チャンネルはプランにより大きく異なる。
  • 局名は、未成年者視聴防止策を求められるチャンネル。
デジタル アナログ 放送局
D011(1) 3 NHK長崎総合
D021(2) 1 NHK長崎Eテレ
D031(3) 5 NBC 長崎放送
D041(4) 6 NIB 長崎国際テレビ
D051(5) 4 ncc 長崎文化放送
D071(7) 12[1] TVQ九州放送
D081(8) 8 KTN テレビ長崎
D111(11) 9 ncmコミュニティチャンネル
C61 NCMガイドチャンネル
BS101(BS1) C20 NHK BS1
BS103(BS3) C21 NHK BSプレミアム
BS141(BS4) BS日テレ
BS151(BS5) BS朝日
BS161(BS6) BS-TBS
BS171(BS7) 12[1] BSジャパン
BS181(BS8) BSフジ
BS191(BS9)※ C16 WOWOWプライム
BS192(BS9)※ WOWOWライブ
BS193(BS9)※ WOWOWシネマ
BS200(BS10)※
C227
C17[2] スター・チャンネル1
BS201(BS10)※
C228
スター・チャンネル2
BS202(BS10)※
C229
スター・チャンネル3
BS211(BS11) BS11
BS222(BS12) TwellV
BS258 Dlife
BS910 ウェザーニュースSOLiVE24
C021 2 ショップチャンネル
C022 ウェザーニュースお天気チャンネル(CATV向け配信)
C024 ジャパネットチャンネルDX
C153 ダイワ・証券情報TV
C196★ KNTV HD C197★ KBS WORLD HD
C198※ 韓国エンタメ M net HD
C199※ FIGHTING TV サムライ
C210★ C31 J SPORTS 3
C211 C25 スカイ・A sports+
C212 C14 GAORA
C213★ C35 J SPORTS 1
C214★ C36 J SPORTS 2
C215※ C37 J SPORTS 4
C216 ザ・ゴルフ・チャンネル
C217 C39 ゴルフネットワーク
C218 C13 日テレG+
C220 11 ムービープラス
C221★ 日本映画専門チャンネル
C222 C34 チャンネルNECO
C223※ V☆パラダイス
C224 IMAGICA BS
C225※ 東映チャンネル
C226※ C30[3] 衛星劇場
C230 C51 ファミリー劇場
C231 10 スーパー!ドラマTV
C232 AXN
C233 FOX
C234★ C53 時代劇専門チャンネル
C235 C56 女性チャンネル♪LaLa TV
C236 動物チャンネル/アニマルプラネット
C237 C54 AXNミステリー
C238★ TBSチャンネル1
C239★ C46 ディズニー・チャンネル
C241 C44 アニマックス
C242 キッズステーション
C243★ ディズニーXD
C244※ アニメシアターX
C245※ テレ朝チャンネル
C246 ホームドラマチャンネル
C250 C23 CNNj
C251 日経CNBC
C252 日テレNEWS24
C254 C27 TBSニュースバード
C255 ヒストリーチャンネル
C256 C52 ディスカバリーチャンネル
C257 BBCワールド
C258 C18 朝日ニュースター
C259 ナショナルジオグラフィックチャンネル
C260 大人の音楽専門TV◆ミュージック・エア
C261 C55 MUSIC ON! TV
C262 C26 スペースシャワーTV
C263 C33 MTV
C264 歌謡ポップスチャンネル
C270★ C41 囲碁・将棋チャンネル
C272 C45 QVC
C274 C60 放送大学テレビ
C275 大人の趣味と生活向上◆アクトオンTV
C276★ 釣りビジョン
C277 旅チャンネル
C278 食と旅のフーディーズTV
C279 エンタメ〜テレ☆シネドラバラエティ
C280 MONDO TV
C281※ フジテレビTWO ドラマ・アニメ
C282※ フジテレビONE スポーツ・バラエティ
C284 日テレプラス
C285※ C28 グリーンチャンネル
C286※ グリーンチャンネル2
C287※ C29 レジャーチャンネル
C288※ フジテレビNEXT ライブプレミアム
  • TVQは大牟田局からの電波を日見峠山腹で受信している。
  • 特記が無いアナログケーブルチャンネル(Cxx)は2010年6月30日終了。

福岡民放地上波再送信中止[編集]

長崎ケーブルメディアは長年アナログ放送で福岡県の民放テレビ局を区域外再放送していたが、九州でデジタル放送が始まるより遥か前の2004年3月31日を以って、県内局と系列が直には被らないTVQ以外の4局については取り止めた。

長崎県本土側は山地が多いため平地が極端に少なく、これが諫早湾干拓事業とそれによる周辺県との軋轢の大きな基になっている。テレビジョン放送にもその影響が表れており、県本土側にはかなり多くのテレビジョン中継局が存在する。このため地上デジタルテレビジョン放送に伴うアナログ周波数変更(アナ・アナ変換)によって、ただでさえ少ないUHFチャンネルが更に逼迫し、一部地域では暫定設置の補間局をVHFチャンネルで運用せざるを得ない事態となった。この一連の事態で19ch送信をしていたTVQ以外の大牟田民放局と地元中継局のチャンネルが被るなどして受信できなくなり、周波数確保ができなくなったのが、再送信中止に至った大きな理由である。

長野県の県都・長野市をエリアとする長野ケーブルテレビと境遇は似ているが、信越放送を始めとする地元民放局などから営業面で不満が出て再送信のために必要な同意を得られなかった為に中止したという点で、事情が異なる。

アナログテレビジョン放送終了により、県内のケーブルテレビ他局でも福岡民放の再送信取り止めが相次いだほか、長崎ケーブルメディアでもデジアナ変換の対象からTVQが外された。

また、TVQを視聴するにはトランスモレーション方式のみでミニプラン(BS、CSの無料放送およびムービープラス、スーパー!ドラマTVのみのコース)以上のコースの加入が必要

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「デジアナ変換」は基本的に県内波のみが再送信の対象となるため、アナログ放送の終焉とともに取り止められ、系列BS局と入れ替えられた。
  2. ^ 2007年12月31日終了
  3. ^ 2007年10月31日終了