長崎バスダイヤランド営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダイヤランド営業所建屋、左奥に降車用停留所とバスの入口がある
営業所正面にある始発バス停で待機中のバス

長崎バスダイヤランド営業所(ながさきバスダイヤランドえいぎょうしょ)とは、長崎県長崎市ダイヤランド4丁目10番276にある長崎自動車の営業所である。

概要[編集]

2006年の営業所再編の際、柳営業所と共に開設された、長崎市南部地区における長崎バスの拠点のひとつ[1]。従来は大橋営業所のみが担当していた下大橋 - ダイヤランド線を分担して運行している。営業所はダイヤランドの住宅街の端にあり、平面車庫を用いている。始発バス停が営業所敷地内にあり、ほとんどの担当路線がここを始発・終点とする。大型バス路線で定期運用を担当するのはダイヤランド線のみで、この他に長崎半島のコミュニティバスの受託運行を行なっている[1]。主に大橋営業所の機能を補完する形で運用されており、1時間あたりの発着路線数は多いが、保有する車両台数自体は少ない[2]

現行路線[編集]

下大橋-ダイヤランド車庫線[編集]

経由番号は、中央橋行が20番、ダイヤランド車庫行は40番、下大橋行は4番、長崎駅前行は7番、ココウォーク茂里町行は100番である。※は一部が始発とする。

  • 下大橋 - 油木町 - 西城山小学校前 - 梁川公園前 - ロープウェイ前 - 宝町 - 長崎駅前 - 市役所前(大波止) - 中央橋 - 二本松口(戸町) - 新戸町団地 - ダイヤランド車庫
  • ココウォーク茂里町 - 宝町 - 長崎駅前※ - 市役所前(大波止) - 中央橋 - 二本松口(戸町) - 新戸町団地 - ダイヤランド車庫

ダイヤランド営業所のメインとなる路線。長崎市南部地区の大規模住宅街ダイヤランドと長崎市中心部を結ぶ路線で、1時間に8本程度運行される。元々は大橋営業所担当の路線であったが、現在は一部の便をダイヤランド営業所が担当している[3]

朝や夕方・夜の通勤時間帯にはダイヤランドから新地ターミナル・浜の町・中央橋・長崎駅前までの区間のみを運行する便や、中央橋 - 西城山 - 下大橋の区間のみを運行する便も設定されている。下大橋 - 中央橋線は、市役所経由中央橋行き・市役所経由下大橋行きはどちらも、万才町経由で運行される。ほとんどの路線が下大橋発着で、ココウォーク発着の便は非常に少ないが、柳営業所の担当するココウォーク発着の晴海台団地線が日中にダイヤランドを経由しており、ダイヤランド始発分と合わせて1時間に2本前後がダイヤランド地区とココウォークをダイレクトに結んでいる。

コミュニティバス[編集]

長崎市コミュニティバスの三和線、香焼三和線、野母崎線を担当している。かつて松ヶ枝営業所の管轄であったものをダイヤランド営業所発足時に移管した[1]。いずれも長崎バスが定期運行を行わないエリアを中心に運行され、交通空白区解消の役目を果たす。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 営業所再編に関するプレスリリース(2006年8月1日)
  2. ^ 2011年(平成23年)10月時点で36台の車両が所属する 75年史, p. 133より
  3. ^ 75年史, p. 132,133.

参考文献[編集]

  • 長崎自動車75年史編集委員会『長崎自動車75年史 NAGASAKI BUS GROUP』、2011年12月。

座標: 北緯32度41分54秒 東経129度51分14秒 / 北緯32.698468度 東経129.853753度 / 32.698468; 129.853753