長崎バス東長崎営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東長崎営業所社屋。ターミナルを兼ねている。
東長崎営業所開設当初の様子。左奥のプレハブ造の建物が仮社屋。
東長崎線運行開始を前面に掲示して走る東長崎営業所の車両(2014年4月)

長崎バス東長崎営業所(ながさきバスひがしながさきえいぎょうしょ)とは、長崎県長崎市平間町373番2号にあり、東長崎地区の路線を担当する長崎自動車の営業所である。

沿革[編集]

  • 2012年11月19日 長崎バス運行エリアと県営バス運行エリアを接続する長崎バスの飯香の浦 - 矢上線が運行開始[1]
  • 2013年4月8日 長崎バスが矢上地区から長崎南高までを結ぶ通学用路線を開設[2]
  • 2013年10月8日 長崎県交通局が東長崎で運行する県営バスの一部路線を廃止すると発表[3]
  • 2014年4月1日 長崎バス東長崎営業所が開設され、3月31日をもって県営バスが路線を廃止した地区での運行を開始する[4]
  • 2017年3月16日 ターミナル機能を備えた新社屋が竣工。同年4月のダイヤ改正より運用が開始された[5]

概要[編集]

長崎バスは自社エリアと県営バスエリアを接続するための路線を2012年と2013年に新設しており、自社の基準運賃にてバスの運行を行っていた。これを受けて県営バスは運賃格差解消のため、2014年より新たに競合する区間を長崎バスの基準運賃に合わせて値下げすることを決定する。しかし値下げを行った場合は大幅な減収となり、それをカバーする助成なども得られなかったため2013年秋に一部路線の撤退を決定した[3]。これに伴い長崎市地域交通会議が実施され、そこでの合意に基づき県営バスの運行を引き継ぐ形で長崎バスによる運行が決定し[4]、2014年4月1日より東長崎地区の運行拠点として業務を開始した。

事業承認を得てから運行を開始するまでの期間が3ヶ月しかなかったため、当初は仮設の社屋で営業を開始し、2017年にバスターミナル付きの正式な営業所社屋が建設された。また、社屋を建設する際に正式な整備工場と給油設備も合わせて建設されている[6]

保有車両数は開設時で17台と発表されており[4]、長崎バスでは最小規模の営業所となる。

現行路線[編集]

潮見町・東長崎営業所・彩が丘・新田頭(にたんとう)・現川駅前行きは長崎市内からの直通便で運行され、その他の地域は東長崎地区内発着のローカル線という形で運行される。ただし潮見町線を除く全ての便が矢上を経由しており、矢上を乗り換え地点として市内や各地区へ接続することが想定されている[4]

矢上 - 茂木 - 田上線[編集]

  • は始発、終点とする便あり
  • 東長崎営業所 - 馬場 - 矢上 - イオン東長崎店 - 潮見町 - 日吉 (-飯香の浦)- 太田尾 - 片峰 - 座頭浜(旧南商高前) - 北浦 - 茂木港 - 茂木* - 田上
  • 現川駅前 - 矢上 - イオン東長崎店 - 潮見町 - 日吉 - 太田尾 - 片峰 - 座頭浜(旧南商高前) - 北浦 - 茂木港 - 茂木* - 田上

長崎半島東側の県道34号線を通る路線で、中型バスで運行される。中心部から枝葉のように別れた主要路線の枝先に当たる地域同士を結ぶ路線として機能する。太田尾地区には1979年より[7]、矢上方面は東長崎営業所が開設される前の2012年11月19日より乗り入れを開始した[8]。矢上方面は茂木・飯香の浦 - 矢上線として運行を開始した[8]。2012年11月までバスが運行されていなかった日吉 - 潮見町の殆ど住宅がない区間を結ぶ[8]もので、県営バスのエリアであった矢上地区と長崎バスのエリアである茂木・日吉・太田尾・田上地区をバスで移動できるようにしたものである。これらの地区は長崎市中心部より矢上などの東長崎のほうが近く、地域住民が通院や買い物で他地区を利用する際に東長崎方面への依存度が高かったことから東長崎へバスを乗り入れるに至った[8]。現川駅前発着便は現川駅前行きが高城台経由、現川駅前始発便が馬場経由で運行される。1日2.5往復運行される。

茂木地区から日吉地区までは全体的に狭くカーブの多い区間を走行する。また、片峰 - 座頭浜(旧南商高前)間は自由乗降区間になっている。

中尾線[編集]

  • 矢筈 - 中尾 - 宮郷 - 矢上 - イオン東長崎店
  • 矢筈→中尾→卸団地→宮郷→矢上→イオン東長崎店(平日朝の1便のみ)

中尾ダム上流の山間部にある住宅地と国道34号線周辺地区を結ぶ路線で、小型バスで運行される。卸団地を経由する便は県営バスが廃止した朝の便を補完するもので、日中は県営バスがこの区間を運行している。

彩が丘線[編集]

経由番号はココウォーク茂里町発便が90番、ココウォーク茂里町行き(以降「茂里町」と表記)が100番となっている。

  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前 - 大波止 - イオン東長崎店 - 矢上 - 普賢神社口 - 彩が丘
  • 卸団地 - 日見宿跡 - 矢上 - 馬場 - 彩が丘
  • 高城台西 - 普賢神社口 - 彩が丘
  • 彩が丘 - 普賢神社口 - 高城台西 - 現川駅前

彩が丘(さいがおか)地区(長崎市東町)や高城台地区と国道34号線やイオン東長崎店・卸団地を繋ぐ路線である。いずれかの系統が運行される。高城台発着便は通学用路線であり、学休日には運休となる。現川駅前行きは朝のみ、現川駅前始発は夕方のみ運行される。

つつじが丘 - イオン東長崎店線[編集]

  • つつじが丘 - 鶴の尾団地西口 - 東長崎営業所 - 宮郷 - 矢上 - イオン東長崎店

諫早市との境界にあるつつじが丘地区とイオン東長崎店を繋ぐ路線である。この路線では中型バスが使用される。

潮見町線[編集]

経由番号は潮見町行きが80番、ココウォーク茂里町行きが100番、新地ターミナル行きが200番、長崎駅前南口行きが7番となっている。※は一部の便のみ始発・終点として使用する。

  • ココウォーク茂里町 - 長崎駅前南口 - 大波止 - 中央橋 - 芒塚 - 八坂神社前 - 日見公園 - 網場 - 潮見町
  • 潮見町→網場→日見公園→八坂神社前→芒塚→中央橋→長崎新地ターミナル(朝の1便のみ)
  • 潮見町→網場→日見公園→八坂神社前→卸団地→芒塚→中央橋→大波止→長崎駅前→宝町→ココウォーク茂里町(平日夕方の1便のみ)
  • 潮見町 - 網場 - 日見公園 - イオン東長崎店 - 矢上 - 馬場 - 東長崎営業所 - 鶴の尾団地西口 - 新田頭(にたんとう)

長崎市東岸部の潮見町と長崎市中心部を結ぶ路線で、中型バスで運行される。日見大曲 - 潮見町の区間は矢上 - 田上線と運行区間が重複している。県営バスが路線を廃止した春日車庫 - 潮見町の区間と市内中心部を結ぶバスを運行するためのものであり、市内から春日車庫前までは県営バスと区間が重複する。2018年のダイヤ改正より、潮見町からのココウォーク茂里町直通便の運行を開始した。2019年4月より潮見町から新田頭を結ぶ路線も開設した。

矢上線[編集]

経由番号は矢上方面行きが90番、立神行きが6番、ココウォーク茂里町行き(以降「茂里町」と表記)が100番、長崎駅前南口行きが7番となっている。※は一部の便のみ始発・終点として使用する。

  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前南口 - 大波止 - 中央橋 - 芒塚 - 日見大曲 - 東望道 - 矢上 - 馬場 - 東長崎営業所 - 平間 - 鶴の尾団地西口 ‐ 新田頭(にたんとう)
  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前南口 - 大波止 - 中央橋 - 芒塚 - 日見大曲 - 東望道 - 矢上 - 馬場 - 東長崎営業所 - 現川駅
  • 茂里町 - 宝町 ‐ 長崎駅前南口※ ‐ 大波止 ‐ 中央橋 - 芒塚 - 日見大曲 - イオン東長崎店 - 矢上 - 宮郷 - 高城台西 ‐ 現川駅前
  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前南口 - 大波止 - 中央橋 - 芒塚 - 日見大曲 - (憩の家前)- 東望道 - 矢上 - 馬場 - 東長崎営業所
  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前南口※ - 大波止 - 中央橋 - 芒塚 - 日見大曲 - 東望道 - 矢上 - 馬場 - つつじが丘
  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前南口 - 大波止 - 中央橋 - 芒塚 - 日見大曲 - イオン東長崎店 - 矢上 - 普賢神社口 - 彩が丘
  • 立神 - 飽の浦 - 旭大橋 - 大波止 - 中央橋 - 芒塚 - 日見大- 東望道 - 矢上 - 馬場 - つつじが丘(平日1往復のみ。)

長崎市中心部と矢上地区の北西部を結ぶ。県営バスが廃止した路線を引き継いだものである。

新田頭行きは長崎市中心部と平間町北部の山奥にある新田頭地区を結ぶ路線で、県営バスは東長崎の各地区同士を結ぶローカル線として運行していたが[3]長崎バスは長崎市内中心部からの直通路線として運行を行っている。東長崎営業所開設初年度から新田頭、年の神(現東長崎営業所)、現川駅前発着の市内(ココウォーク)直通便が運行を開始した。高木〜現川駅前は自由乗降区間となっている。2016年(平成28年)4月からはつつじが丘からの市内(ココウォーク)直通便も運行を開始した[9]。また、2017年4月のダイヤ改正より、彩が丘からの市内(ココウォーク)直通便も運行を開始した[10]。2019年4月のダイヤ改正より、新田頭発着と現川駅前発着のうちの馬場経由が東長崎営業所に乗り入れるように変更された[11]

憩の家前経由は東長崎営業所行きが平日1本のみ通る。茂里町行きは江戸町経由で運行される。

畦別当線[編集]

  • 矢上 - 馬場 ‐ 鶴の尾団地西口 ‐ 間の瀬 - 畦別当 - 恵の丘 - 犬継 - 小原 ‐ 池原 ‐ 長与駅西口 - まなび野団地 - シーボルト校 - 長崎商業

矢上と恵の丘(長崎純心大学)、県立大学シーボルト校、長崎商業高校を畔別当経由で結ぶ路線である。朝夕の通学時間帯に数本のみ運行される。2017年4月より運行を開始した[10]。通学者向けの路線である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

座標: 北緯32度46分56秒 東経129度56分48秒 / 北緯32.78214度 東経129.946617度 / 32.78214; 129.946617