長崎バス柳営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
柳営業所建屋
柳営業所入口のバス停で始発待機中のバス

長崎バス柳営業所(ながさきバスやなぎえいぎょうじょ)は、長崎県長崎市小ヶ倉町3丁目76番48号(柳埠頭内)にある、長崎自動車の営業所である。主に香焼町長崎半島方面の路線を担当する。

概要[編集]

2006年(平成18年)8月限りで廃止された茂里町営業所稲佐橋営業所の運行路線を再編し、同年9月にダイヤランド営業所と合わせて長崎市南部地区の拠点として開設された。柳埠頭の工業団地内にあり、バス路線の経路である国道499号線がすぐ近くを通っている。営業所の建屋は車庫兼用で、地上2階と屋上の立体駐車場構造に事務所を併設している。長崎バスの営業所の中ではやや規模が大きい事業所である[1]

営業所のすぐ近くに柳営業所入口のバス停が設置されているが、ここを始発・終点とする便は少ない(事実上の最寄りバス停は柳バス停)。ほとんどの路線はココウォーク茂里町のバスターミナルを始発とし、長崎市南部の各地区を終点とする。

現行路線[編集]

系統番号は、長崎駅前行きが7番・ココウォーク茂里町(以下、本項ではココウォーク茂里町を「茂里町」と略、長崎新地ターミナルを新地ターミナルと略)行きが100番、長崎半島(深堀・香焼・川原・樺島)方面が30番、二本松口・ダイヤランド経由柳営業所行きは40番である。

茂里町 - 柳営業所入口線[編集]

  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前 - 市役所 - 中央橋 - 新地ターミナル - 浪の平 - 二本松口 - 新戸町団地 - ダイヤランド - 磯道町 - 柳営業所入口

2006年9月1日のダイヤ改正の際に新設された系統である[2]。日中は毎時1本程度運行されるが、日中以外は運行されない。本系統は茂里町発二本松口経由ダイヤランド線と運行区間が殆ど重複しており、経由番号もダイヤランド線と同一の40番が用いられている。磯道町バス停では茂里町行きが南柳田方面側に停車し、柳営業所入口行きは茂里町行き側に停車する。

茂里町 - 小ヶ倉団地線[編集]

  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前 - 市役所(大波止) - 新地ターミナル - 浪の平 - 戸町 - 小ヶ倉団地

長崎市中心部と南部の小ヶ倉を結ぶ路線。大橋営業所の前身である小ヶ倉営業所時代から運行されていた路線で、2006年(平成18年)の柳営業所開設時に大橋営業所から移管され、始発が茂里町に変更された[2]。大橋営業所時代は下大橋始発となっていたが、柳営業所移管後は茂里町始発となっている[2]

日中は小ヶ倉発着便が1時間1本程度運行され、小ヶ倉団地経由毛井首団地線と合わせて1時間2本程度の便が小ヶ倉と中心部を結んでいる。毛井首団地発着便が全便大波止経由であるのに対し、小ヶ倉発着便は殆どが市役所経由で運行されている。下りの最終便は小ヶ倉団地経由の晴海台団地行きとなっている。大波止経由茂里町行きは出島表門橋経由として運行される。

茂里町 - 深堀(深堀団地) - 香焼・恵里 - 伊王島線[編集]

  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前 - 大波止 - 新地ターミナル - 浪の平 - 戸町(二本松口) - 柳 - 磯道町 - 南柳田 - 鶴洋高校前(末石町) - 深堀 - 長浜 - 香焼恵里(- 伊王島ターミナル)
  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前 - 大波止 - 新地ターミナル - 浪の平 - 戸町 - 柳 - 磯道町 - 南柳田 - 鶴洋高校前(末石町)( - 深堀団地) - 深堀
  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前 - 大波止 - 新地ターミナル - 浪の平 - 戸町 - 柳 - 磯道町 - 南柳田 - 鶴洋高校前(末石町) - 深堀団地
  • 茂里町→宝町→長崎駅前→大波止→中央橋→新地ターミナル→浪の平→二本松口→ダイヤランド→南柳田→鶴洋高校前→深堀(最終便)

長崎市中心部と長崎半島西部の深堀・香焼地区を結ぶ路線。戸町以南から深堀周辺まではかつて野母自動車という会社が運行していたが、1942年(昭和17年)に同社を長崎バスが買収し[3]、以後長崎バスが運行を行なっている。1968年(昭和43年)に深堀と香焼の間が埋め立てられて陸続きとなり[4]、1967年(昭和42年)より県が運行していた長崎外港の無料バスに代わる形で[5]、1971年(昭和46年)10月1日より長崎バスが香焼町南部の香焼本村行きの運行を開始した[6]。1995年(平成7年)4月6日から香焼恵里までの路線が開通[7]。伊王島大橋の開通に伴い2011年(平成23年)4月6日より一部を伊王島まで延長した[8]

柳営業所が担当する系統の中では本数が多い方で、平日の日中は毎時4本程度で運行している。末石町経由と鶴洋高校前経由が約半数ずつ走っている。半数以上が深堀町の住宅街の切れ目となる深堀停留所または手前の深堀団地内止まりで、香焼恵里まで運行する便は1時間に2本程度である。深堀団地経由深堀行きは右側の経由地一覧ではなく左側の行き先の上に「深堀団地経由」が強調表記される。香焼地区では一旦北上し、三菱重工の工場手前にある長浜バス停で折り返してから長崎市内や香焼町南部へと向かう。香焼恵里は正式には恵里バス停という。また、朝には鶴洋高校止まりの便が運行され、夜の最終便は二本松口・ダイヤランド・鶴洋高校前経由で運行される。大波止経由茂里町行きは出島表門橋経由として運行される。海水浴シーズンには通常は香焼恵里止まりや伊王島ターミナル止まりとなっている便の一部が伊王島海水浴場(ふれあい広場駐車場前)まで延長運行される[9]

長崎市内 - 香焼工場線[編集]

  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前 - 大波止 - 新地ターミナル - 浪の平 - 戸町 - 柳 - 磯道町 - 南柳田 - 鶴洋高校前 - 長浜 - 香焼外業 - 香焼修繕部
  • 上戸町 - 小ヶ倉バイパス(長崎県道237号小ヶ倉田上線) - 南柳田 - 鶴洋高校前 - 長浜 - 香焼修繕部
  • 南高裏門前→大平橋→大浦天主堂下→浪の平→戸町→柳→磯道町→南柳田→江川(鶴洋高校側)→鶴洋高校前→長浜→香焼外業→香焼修繕部

1972年(昭和47年)より運行を開始した路線[6]。香焼北部にある三菱重工の造船所への通勤路線であり、朝と夕方の通勤時間帯のみ運行される。造船所の営業形態に合わせて運行され、造船所休業日には運休される。なお、長浜を過ぎた後は香焼工場のゲートを通って関係者のみ立ち入り可能な工場敷地内に乗り入れ、敷地内に設置されたバス停で乗客を取り扱う。

茂里町 - 毛井首団地線[編集]

  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前 - 大波止 - 新地ターミナル - 浪の平 - 戸町 - 小ヶ倉団地 - 柳 - 磯道町 - 南柳田 - 鶴見台団地 - 毛井首団地
  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前 - 大波止 - 新地ターミナル - 浪の平 - 二本松口(戸町) - 柳 - 磯道町 - 南柳田 - 鶴見台団地(鶴見台団地内) - 毛井首団地

1958年(昭和33年)より運行開始[10]。1981年(昭和56年)より団地内へ乗り入れ開始[6]。日中は約30分間隔で運行。戸町経由は小ヶ倉団地を、二本松口経由は朝を除き鶴見台団地内を経由する。また、早朝の2便のみ終点が毛井首工業団地に延長される(但し、復路はない)。大波止経由茂里町行きは出島表門橋経由として運行される。

茂里町 - 晴海台団地線・平山台団地線[編集]

晴海台団地線

  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前 - 大波止 - 新地ターミナル - 浪の平 - 戸町(二本松口)- 柳 - 磯道町 - 南柳田 - 平山台入口 - 栄上 - 蚊焼入口 - 晴海台団地
  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前 - 大波止 - 新地ターミナル - 浪の平 - 二本松口 - 新戸町団地 - ダイヤランド - 南柳田 - 平山台入口 - 栄上 - 蚊焼入口 - 晴海台団地
  • 茂里町→宝町→長崎駅前→大波止→新地ターミナル→浪の平→戸町→小ヶ倉団地→柳→磯道町→南柳田→平山台入口→栄上→蚊焼入口→晴海台団地(最終便)

平山台団地線

  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前 - 市役所 - 万才町 - 中央橋 - 新地ターミナル - 浪の平 - 二本松口 - 新戸町団地 - 柳(ダイヤランド) - 南柳田 - 平山台入口 - 平山台団地・晴海台高部

1982年(昭和57年)より晴海台団地行きの運行が開始された[6]。現在は平山台団地行きと合わせて運行されており、平山台行きの一部は平山台の奥にある晴海台(晴海台高部)との隣接地区を終点としている[注釈 1]が、晴海台高部始発は平日しか運行されない。日中は両系統とも1時間に1、2本程度とやや少なめ。昼間の晴海台団地線はダイヤランドを経由する。大波止経由茂里町行きは出島表門橋経由として運行される。19年4月のダイヤ改正で平山台団地線のダイヤランド乗り入れが平日のみと大幅に縮小された。

茂里町 - 川原 - 川原木場線[編集]

  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前 - 大波止 - 新地ターミナル - 浪の平 - 戸町 - 柳 - 磯道町 - 南柳田 - 平山台入口 - 栄上 - 川原公園前 (- 木場公民館 - 岬木場)

1948年(昭和23年)4月26日より運行している古い路線[10]。その後1977年(昭和52年)頃から延長が始まり1984年(昭和59年)に岬木場まで運行されるようになる[11]。野母崎半島南部の栄上交差点から東の県道へ入り、長崎半島南端部の東側を通って岬木場までを結ぶ。大半が川原公園前発着で(行先表示には「川原」と表示される)、それ以遠へ向かうものは少ない。特に木場公民館 - 岬木場間は1日2.5往復のみの運行である。日中は約60分間隔で運行される。この系統には戸町経由しか存在せず、二本松口経由は存在しない。茂里町行きは出島表門橋経由として運行される。

茂里町 - 脇岬 - 樺島・岬木場線[編集]

  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前 - 大波止 - 新地ターミナル - 浪の平 - 戸町(二本松口) - 柳 - 磯道町 - 南柳田 - 平山台入口 - 栄上 - 蚊焼入口 - (蚊焼小学校前) - 黒浜 - 野母崎 - 脇岬 - 樺島
  • 茂里町 - 宝町 - 長崎駅前 - 大波止 - 新地ターミナル - 浪の平 - 戸町 - 柳 - 磯道町 - 南柳田 - 平山台入口 - 栄上 - 蚊焼入口 - 黒浜 - 野母崎 - 脇岬 - 岬木場
  • 岬木場→脇岬→樺島→脇岬→野母崎→黒浜→蚊焼入口→栄上→平山台入口→南柳田→磯道町→柳→戸町→浪の平→新地ターミナル→大波止→長崎駅前→宝町→茂里町

草創期より運行されていた路線のひとつ[10]。かつては脇岬までの運行であったが、樺島大橋の開通に伴い1986年(昭和61年)より島内への乗り入れを開始した[11]。野母崎半島南部を西回りで通り、野母崎半島南端と橋で結ばれた樺島、東岸の岬木場などと長崎市中心部を結ぶ。日中は約40分間隔で運行し、ラッシュ時は20分間隔で運行。大半が樺島発着便となっており、岬木場発着のものは少ない。平日1本のみ岬木場発樺島経由茂里町行きが存在する。基本的に戸町経由で運行され、一日に1往復ほどのみ二本松口を経由する。朝には樺島発三菱造船香焼工場通勤用の深堀、香焼方面行き(鶴洋高校前経由)や、鶴洋高校前行き、蚊焼小学校前発茂里町行きなども運行される。茂里町行きは出島表門橋経由として運行される。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 晴海台と平山台は隣接しているが、隣接部分は住宅街であり、晴海台と平山台をバスで直接行き来できる道路はない。

出典[編集]

  1. ^ 2011年(平成23年)10月時点で99台のバスを保有しており、規模としては3番目になる 75年史, p. 131より
  2. ^ a b c 営業所再編に関するプレスリリース
  3. ^ 75年史, p. 19.
  4. ^ 深堀50年, p. 11.
  5. ^ 郷土史, p. 429.
  6. ^ a b c d 五十年の歩み, p. 105.
  7. ^ 75年史, p. 145.
  8. ^ 75年史, p. 147.
  9. ^ 【夏季限定!】伊王島行臨時便の運行について
  10. ^ a b c 五十年の歩み, p. 103.
  11. ^ a b 五十年の歩み, p. 106.

参考文献[編集]

  • 香焼郷土史編纂委員会『香焼郷土史』、1991年10月。
  • 長崎市編入50周年記念事業実行委員会『深堀 長崎市編入50年の歩み』、2005年3月。
  • 長崎自動車50周年社史編集委員会『五十年の歩み 長崎自動車』、1986年。
  • 長崎自動車75年史編集委員会『長崎自動車75年史 NAGASAKI BUS GROUP』、2011年12月。

座標: 北緯32度42分11秒 東経129度50分43秒 / 北緯32.702956度 東経129.845213度 / 32.702956; 129.845213