長崎ライチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
長崎 ライチ
生誕 ????????
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
代表作 ふうらい姉妹
受賞 第1回Y-1グランプリ4月期月間賞
テンプレートを表示

長崎 ライチ (ながさき ライチ、欧文表記:Lychee Nagasaki )は、日本の姉妹による漫画家ユニット。長崎県在住[1]

概要[編集]

長崎ライチは、姉(原作担当)と妹(作画担当)の姉妹ユニット。

2007年平成19年)春、竹書房4コマ漫画雑誌まんがくらぶオリジナル』の企画「4コマまんが新人賞第1回Y-1グランプリ」に応募した『紙一重りんちゃん』が、4月期月間賞を獲得した[注 1]。講評では「圧倒的なインパクトで他の候補作よりも頭一つ抜けた感じでした。主人公りんちゃんの破天荒なキャラが秀逸。ネタも独特ですが、切れ味抜群です!!」と評されている[2]。月間賞の特典として、賞金3万円の授与のほか、『まんがくらぶオリジナル』2007年8月号及びライブドアウェブコミック配信サイトLivedoor デイリー4コマ』に受賞作が掲載され、さらに第1回Y-1グランプリの年間グランプリにもノミネートされたが[2]、こちらの方は賞を取るには至らなかった[3]

その後は、漫画雑誌とウェブコミック誌の両方で活動している。2009年(平成21年)2月、エンターブレインの隔月刊漫画雑誌『Fellows!』volume3より『ふうらい姉妹』の連載が開始された[4]。同作品は、翌2010年(平成22年)11月に単行本化され、作者初の単行本となった。

2011年(平成23年)3月、新潮社の漫画雑誌『月刊コミック@バンチ』2011年3月号(創刊号)にて、ストーリー形式のギャグ漫画「そそぎすぎ珈琲館」の連載を開始。しかし、作者の体調不良から連載を続けていくことが難しくなり、第1話をもって打ち切りとなった[注 2]

作品リスト[編集]

漫画作品を初出順に並べた。太字は連載作品である。各作品の詳細等についてはリンク先の各記事を参照。

連載作品 読切作品
作品名 初出誌 出版社 収録 備考
1 かみひとえりんちやん
紙一重りんちゃん
まんがくらぶオリジナル』2007年8月号
Livedoor デイリー4コマ
竹書房
ライブドア
第1回Y-1グランプリ4月期月間賞受賞。漫画雑誌とウェブコミック誌の両方に掲載。
2 そそうえくん
そそうえくん
『まんがくらぶオリジナル』2008年8月号 – 10月号 竹書房 読者参加企画「新人4コマサバイバル」掲載[注 3]
3 ふうらいしまい
ふうらい姉妹
Fellows!』2009年2月号(VOL.3) - 連載中 エンターブレイン 単行本
4 ふておろしのそむせんせい
筆おろし望先生
『Livedoor デイリー4コマ』 ライブドア ウェブコミック
5 もりのめかみちやま
森の女神ちゃま
『まんがくらぶオリジナル』2010年8月号 - 2011年3月号 竹書房 目次ページに連載。
6 そそきすきこーひーかん
そそぎすぎ珈琲館
月刊コミック@バンチ』2011年3月号(創刊号) 新潮社 連載を予定していたが、第1話で中止。
7 ひとほん
ピトポン
『月刊コミック@バンチ』2011年3月号(創刊号) 新潮社 連載を予定していたが、第1話で中止[注 4]
8 ふておろしのそむせんせい はんかいへん
筆おろし望先生 番外編
Livedoor デイリー4コマ 延長戦』2011年9月配信 ライブドア ウェブコミック。原作を担当。作画は上福忍[5]
9 ひこうきのにかてなおとこ
ひこうきの苦手な男
『Livedoor デイリー4コマ 延長戦』2011年9月配信 ライブドア ウェブコミック。原作を担当。作画は上福忍[5][6]

書籍[編集]

漫画単行本は以下のとおりである。書誌情報の詳細等については、リンク先の各記事を参照すること。

書名 出版社 レーベル 発行年 判型 巻数 備考
1 ふうらいしまい
ふうらい姉妹
えんたーふれいん
エンターブレイン
ビームコミックス 2010年 - 05
B6
3[注 5]
2 あほにもれきしがありますの
阿呆にも歴史がありますの
えんたーふれいん
エンターブレイン
ビームコミックス 2013年
1 上記の作品群やイラストをまとめたもの

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 月間賞発表に寄せた「長崎ライチプロフィール」には、かなり以前に妹は漫画家だった経験があり、姉は話づくりや背景を手伝っていた、とある(詳細は不明)。「4コマまんが新人賞 第1回Y-1グランプリ 4月期結果発表!!」 『まんがくらぶオリジナル』2007年7月号、竹書房、2007年、p.138.
  2. ^ 漫画雑誌『月刊コミック@バンチ』2011年4月号及び5月号にて休載が告げられ、6月号にて連載打ち切りが告知された。各号巻末の目次ページ参照.
  3. ^ 月刊漫画雑誌『まんがくらぶオリジナル』の読者参加企画「新人4コマサバイバル」では、毎回4-5名の新人漫画家が4コマ漫画を競作し、読者は最も続きが読みたい作品に投票する。投票数が最も少なかった作品はその回をもって打ち切りとなり、別の漫画家の作品に入れ替わる、というシステムであった。「そそうえくん」の掲載は、2008年8月号から10月号までの計3回だった。
  4. ^ 「ピトポン」は、「そそぎすぎ珈琲館」に付属している作者用のマイページ「@★NAGASAKI LYCHEE マイページ」掲載の4コマ漫画である。1作品のみが掲載された。「そそぎすぎ珈琲館」の連載打ち切りに伴い、こちらも第1話をもって終了となった。『月刊コミック@バンチ』2011年3月号(創刊号)、新潮社、2011年、p.245.
  5. ^ 2013年9月現在。

出典[編集]

  1. ^ 長崎部屋 -作者紹介-」 『fellows! -隔月漫画誌フェローズの公式サイト-』(旧公式サイト) 2012年10月8日閲覧.
  2. ^ a b 「4コマまんが新人賞 第1回Y-1グランプリ 4月期結果発表!!」 『まんがくらぶオリジナル』2007年7月号、竹書房、2007年、p.138.
  3. ^ 「4コマまんが新人賞 第1回Y-1グランプリ 年間グランプリ発表!!」 『まんがくらぶオリジナル』2008年7月号、竹書房、2008年、p.134.
  4. ^ エンターブレイン公式サイト PRODUCT DETAIL 商品詳細「Fellows! 2009-FEBRUARY volume 3」 2012年10月8日閲覧.
  5. ^ a b 長崎ライチ先生原作「筆おろし望先生」「ひこうきの苦手な男」」 上福忍(作画担当)ブログ『キかないぜ! -漫画家「上福忍」炎のブログ-』2011年09月29日09:10投稿、2012年10月8日閲覧.
  6. ^ デイリー4コマ延長戦」 漫画家鈴木雄一郎のブログ『日々の暮らし』2011年10月4日投稿、2012年10月8日閲覧.