長崎大学医療技術短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長崎大学医療技術短期大学部
大学設置 1985年
創立 1903年
廃止 2005年
学校種別 国立
本部所在地 長崎県長崎市坂本1-7-1
学部 看護学科
理学療法学科
作業療法学科
研究科 助産学特別専攻
テンプレートを表示

長崎大学医療技術短期大学部(ながさきだいがくいりょうぎじゅつたんきだいがくぶ、英語: The College of Allied Medical Science,Nagasaki University)は、長崎県長崎市坂本1-7-1に本部を置いていた日本国立大学である。1985年に設置され、2005年に廃止。大学の略称は長大医技短。学生募集は2001年度まで。2002年度より長崎大学医学部保健学科の設置により短期大学は学生募集を停止し、2005年3月31日廃止[1]

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 長崎大学医療技術短期大学部は1985年、長崎大学医学部に併設された日本国立短期大学。3つの学科が置かれた。最終募集年度における入学定員は看護学科で80、理学療法学科および作業療法学科では各20となっていた。全学科男女共学となっていた。

教育および研究[編集]

  • 長崎大学医療技術短期大学部は、学名とおり医療技術者の育成に力をいれており、長崎大学病院での臨床実習も行われていた。

学風および特色[編集]

  • 長崎大学医療技術短期大学部は医学部に併設されていた関係上、両者同士の交流は盛んだったと思われる。
  • 教員は医学部との兼任者が多いものとなっていた。
  • 起源とされる長崎県立長崎病院付属看護婦養成所を含めて、看護教育には100年以上の歴史をもっている。現在、その伝統が医学部保健学科にも継承されているものとみられる。

沿革[編集]

  • 1903年 長崎県立長崎病院付属看護婦養成所が創設される。
  • 1923年 長崎大学医学部付属看護学校に改組。
  • 1984年4月12日 長崎大学医療技術短期大学部設置。
  • 1985年 長崎大学医療技術短期大学部開学。
    • 看護学科:在学者数は100(男子0)[2]
    • 理学療法学科:在学者数は20(うち男子10)[2]
    • 作業療法学科:在学者数は20(うち女子9)[2]
  • 1987年 専攻科助産学特別専攻を設置。
  • 2001年度をもって学生募集を終了。翌年度より長崎大学に統合。
  • 2005年 3月31日をもって正式に廃止される[1]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 長崎県長崎市坂本1-7-1

象徴[編集]

  • 長崎大学医療技術短期大学部のカレッジマークは、長崎大学と同じをイメージしたものとなっていた。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 看護学科
  • 理学療法学科
  • 作業療法学科

専攻科[編集]

  • 助産学特別専攻

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

受験資格

研究[編集]

  • 『長崎大学医療技術短期大学部紀要』がある。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

施設[編集]

坂本キャンパス[編集]

  • 設備:医学部キャンパス内に短大独自の校舎があった。

対外関係[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 全学科とも長崎大学病院ほか大手病院や診療所などの看護職に就く人が大半となっていた。

編入学・進学実績[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

関連サイト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』245頁「長崎大学医療技術短期大学部」の項より。
  2. ^ a b c 昭和61年度版『総覧』42頁より。
  3. ^ 短大蛍雪 1992年9月臨時増刊号』(全国短大&専修・各種学校受験年鑑シリーズ)126頁より。