長崎温泉やすらぎ伊王島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
i+Land nagasaki
本館ロータリー周辺 (2010年・長崎温泉やすらぎ伊王島時代)
本館ロータリー周辺
(2010年・長崎温泉やすらぎ伊王島時代)
ホテル概要
ホテルチェーン カトープレジャーグループ
運営 伊王島スポーツリゾート開発(1989-2002)
KPGエコロジックリゾート・長崎(2003-2017)
KPG HOTEL&RESORT(2017-)
所有者 伊王島スポーツリゾート開発(1989-2002)
伊王島町(2003-2005)
長崎市(2005-2017)
KPG HOTEL&RESORT(2017-)
前身 ルネサンス長崎・伊王島(1989-2000)
ホテルエスパーニャ(2000-2002)
きれいな海と四季旬味 やすらぎ伊王島(2003-2004)
きれいな海と四季旬味 長崎温泉やすらぎ伊王島(2004-2018)
レストラン数 6軒
開業 1989年7月14日(ルネサンス長崎・伊王島)[1][2]
2003年7月(きれいな海と四季旬味 やすらぎ伊王島)
2018年4月1日(i+Land nagasaki)
閉業 2002年1月12日[3](ホテルエスパーニャ)
所在地 〒851-1201
長崎県長崎市伊王島町1丁目3277-7
テンプレートを表示
海の見えるホテル棟(現MINATO HOTEL棟)

長崎温泉 やすらぎ伊王島(ながさきおんせん やすらぎいおうじま)は、長崎県長崎市伊王島町にある、天然温泉を備えた宿泊施設。2018年からは「i+Land nagasaki」(アイランド・ナガサキ)として営業。

概要[編集]

松早石油・長崎県・伊王島町・ディックルネサンスなどが出資した第3セクター「伊王島スポーツリゾート開発」により総工費約100億円をかけ「ルネサンス長崎・伊王島」として1989年7月に開業[1][4][5]

その後バブル崩壊による経営不振に伴い2000年1月に「ホテルエスパーニャ」に改称の後[1]、約100億円の負債を抱え2001年12月21日に伊王島スポーツリゾート開発が解散し施設は2002年1月12日に閉鎖[3]。同年3月に伊王島町が過疎債3億6000万円を発行し施設を買い取り[1]カトープレジャーグループの関連会社「KPGエコロジックリゾート・長崎」に運営を委託する形で2003年7月に「きれいな海と四季旬味 やすらぎ伊王島」として再開業し、2004年3月には冬季の稼働率向上を図るべく温泉掘削に成功し4月には「きれいな海と四季旬味 長崎温泉 やすらぎ伊王島」に改称[6][7]、2005年の伊王島町の長崎市への編入に伴い同市に移管された[4][1]

その後は合併に伴う広域化でリゾート設備の補修が認められず海沿いの潮風で老朽化が早く進み、長崎市の市庁舎移転やMICE施設建設との兼ね合いもあり民間譲渡を検討し従来から運営を担っていたカトープレジャーグループが受け入れる形となり、関連会社の「KPG HOTEL&RESORT」が2017年4月に4億6300万円でやすらぎ伊王島の施設を取得し「長崎プレジャーアイランドリゾート計画」として大規模リニューアルを計画[4][7]

2018年4月1日に『i+Land nagasaki』に改称し「NAGI HOTEL」(旧・風薫るホテル)と「KAZE HOTEL(旧・凪の音ホテル)」が先行開業し[8]、コテージエリアの新設など総計約41億円を投資し7月18日に全面開業した[9]

エリア[編集]

  • ガーデンエリア
  • ポートエリア
  • 島風エリア
  • ルミナエリア
  • 伊王島ターミナル カフェ:やすらぎのカフェODAYAKA
  • Free WIFI(レストラン、客室、ロビー)

天然温泉[編集]

ガーデンエリアにある天然温泉YUYU SPA(ユユスパ)には、男女別の内風呂と露天風呂があり、様々なお風呂を楽しめる。

部屋の種類[編集]

  • NAGI HOTEL(ツイン、ハリウッドツイン)デラックスツイン
  • KAZE HOTEL(ツイン)
  • NAGI COTTAGE(ツイン)メゾネット
  • BARK LODGE(ツイン) ※2018/7/18オープン
  • TERRACE LODGE(ツイン)ファミリー ※2018/7/18オープン
  • KIDS LODGE(4ベッドルーム)※2018/7/18オープン 

出典[編集]

関連項目[編集]