長崎県立佐世保商科短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長崎県立佐世保商科短期大学
大学設置/創立 1951年
廃止 1969年
学校種別 公立
設置者 長崎県
本部所在地 長崎県佐世保市三浦町86
学部 商科
○第一部
第二部
テンプレートを表示

長崎県立佐世保商科短期大学(ながさきけんりつさせぼしょうかたんきだいがく)は、長崎県佐世保市三浦町86に本部を置いていた日本公立大学である。1951年に設置され、1969年に廃止された。学生募集は1955年度まで。翌年より長崎県立女子短期大学との統合で、長崎県立短期大学となる。現在は、長崎県立大学となっている。

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 長崎県立佐世保商科短期大学は長崎県により1951年佐世保市内に設置された日本公立短期大学。設置学科は商科のみで、Ⅰ部は昼間部2年制とⅡ部は夜間部3年制で、入学定員はⅠ部・Ⅱ部とも80名となっていた。

教育および研究[編集]

  • 長崎県立佐世保商科短期大学は商業に関する専門教育に特化した短大となっていた。

学風および特色[編集]

  • 長崎県立佐世保商科短期大学は勤労の傍らで学問に勤しむ人々のために夜間部を設けていたところに特色がある。

沿革[編集]

  • 1951年 長崎県立佐世保商科短期大学開学。商科Ⅰ部・Ⅱ部を置く。
  • 1955年 学生募集最終となる。
  • 1957年 長崎県立佐世保商科短期大学が廃止され、長崎県立短期大学[1]として再出発する。
  • 1966年 商科、最後の学生募集となる:在学者数はⅠ部で181(うち女子71)、Ⅱ部で247(うち女子59)[2]
  • 1968年3月31日 商科Ⅰ部廃止される(廃止寸前における在学者数は男49、女42[3]
  • 1969年3月31日 商科Ⅱ部廃止される(廃止寸前における在学者数は男52、女21[4]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 長崎県佐世保市三浦町86

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

研究[編集]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 浅野金兵衛:開学から閉学まで学長を歴任。

対外関係[編集]

系列校[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 通称、「佐世保商英部」と呼ばれていた。
  2. ^ 昭和42年度版『全国学校総覧』27頁より
  3. ^ 昭和43年度版『全国学校総覧』27頁より
  4. ^ 昭和44年度版『全国学校総覧』29頁より
  5. ^ 1955年度版『教員養成課程認定大学短期大学一覧』50頁より

関連項目[編集]

関連サイト[編集]