長崎県立諫早特別支援学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長崎県立諫早特別支援学校
過去の名称 長崎県立諫早養護学校
国公私立の別 公立学校
設置者 長崎県の旗 長崎県
併合学校 諫早市立御館山小学校栄田分校
諫早市立北諫早中学校栄田分校
校訓 明朗・自立・希望
設立年月日 1964年昭和39年)4月1日
共学・別学 男女共学
設置学部 小学部
中学部
高等部
学期 3学期制
特別支援学校コード 42453G(高等部のみ)[1]
所在地 854-0084
長崎県諫早市真崎町1670-1
外部リンク 公式サイト
Portal.svg Portal:教育
Project.svg プロジェクト:学校/特別支援学校テンプレート
テンプレートを表示

長崎県立諫早特別支援学校(ながさきけんりつ いさはやとくべつしえんがっこう)は、長崎県諫早市真崎町にある県立特別支援学校寄宿舎を有している。

概要[編集]

歴史
1964年昭和39年)に長崎県では最初の肢体不自由児童生徒対象の養護学校[2]として開校。2014年平成26年)に創立50周年を迎えた。
分教室(廃止)
  • みさかえ分教室 - 〒859-0167 長崎県諫早市小長井町遠竹2727-20 (地図
校訓
「明朗・自立・希望」
校章
ひし形の中に、養護学校時代の「養」の文字を置いている。
校歌
作詞は尾島博、作曲は菅沼義重による。歌詞は3番まである。校名は歌詞に登場しない。
学部
訪問教育も行っている。

沿革[編集]

[2]

前史
正史
  • 1964年昭和39年)4月1日 - 御館山小学校と北諫早中学校から栄田分校が分離し、「長崎県立諫早養護学校」として独立。
  • 1965年(昭和40年) - 本校の移転に伴い、永昌分校を設置。
  • 1966年(昭和41年) - 長崎県立島原温泉病院内に島原分校を設置。
  • 1978年(昭和53年)4月1日 - 永昌分校が分離し、長崎県立諫早東養護学校として独立。
  • 1979年(昭和54年)4月1日 - 島原分校を長崎県立諫早東養護学校に移管[4]
  • 2009年(平成21年)- 長崎線スクールバスにジャンボタクシーを導入。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 校名を「長崎県立諫早特別支援学校」(現校名)に改称。
  • 2015年(平成27年)4月1日 - 長崎県立虹の原特別支援学校からみさかえ分校が移管され、「みさかえ分教室」とする。
  • 2018年(平成30年)3月31日 - みさかえ分教室を廃止。

スクールバス[編集]

  • 長崎線と大村線にスクールバスが運行されている。
  • 長崎線にはジャンボタクシーも運行されている。

アクセス[編集]

本校
最寄りのバス停
最寄りの道路
みさかえ分教室
最寄りのバス停
  • 長崎県営バス 「みさかえの園」バス停 - JR九州諫早駅」、「湯江駅」、「小長井駅」前から「みさかえの園」行のバスが運行されている。
最寄りの道路
  • 諫早市中心部より、国道207号を佐賀方向へ、「小長井支所前」交差点で左折し、長崎県道195号線(小長井線)を上る。

周辺[編集]

本校

脚注[編集]

  1. ^ 大学入試センター試験高等学校等コード表
  2. ^ a b 長崎県肢体不自由教育研究(第1報) : 県下肢体不自由養護学校要覧(1964~2006年度)の検討を中心に (PDF) 長崎大学教育学部紀要(2008年3月)
  3. ^ 学校紹介(長崎県立諫早東特別支援学校ウェブサイト)、学校のあゆみ(諫早市立御館山小学校ウェブサイト)
  4. ^ この後1982年(昭和57年)3月31日に長崎県立諫早東養護学校島原分校は廃止された。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

座標: 北緯32度51分4.982秒 東経130度1分40.278秒