移動保護されたページ

長崎県警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

Flag of Nagasaki Prefecture.svg 長崎県の行政機関
長崎県警察
Asahikage.svg
長崎県警察本部庁舎
長崎県警察本部庁舎
役職
本部長 早川智之(警視監
警務部長 菅谷大岳(警視正
組織
上部組織 長崎県公安委員会
内部組織 警務部生活安全部地域部刑事部交通部警備部
概要
所在地 長崎県長崎市尾上町3-3
ウェブサイト
長崎県警察
テンプレートを表示

長崎県警察(ながさきけんけいさつ、Nagasaki Prefectural Police)は、長崎県公安委員会の管理の下、長崎県が設置した警察組織。長崎県内を管轄区域とし、長崎県警と略称する。給与支払者は長崎県知事である。警察庁九州管区警察局管内。

本部所在地[編集]

沿革[編集]

  • 1954年(昭和29年)
    • 7月1日
      • 警察法[1]の公布により、国家地方警察と自治体警察が廃止され、都道府県警察として長崎県警察が発足。
      • 7自治体警察署と17地区警察署を統合し、27警察署を設置。
    • 12月19日 - 長崎市外浦町(現在の江戸町・万才町)に警察本部新庁舎を落成。
  • 1960年(昭和35年)
    • 7月30日 - 長崎県運転免許試験場を長崎市から大村市に移転。
    • 8月8日 - 大村市での運転免許試験場の業務を開始。
  • 1966年(昭和41年)
    • 6月11日 - 武道館の落成式を挙行。(国際体育館横)
    • 11月9日 - 小江原町に警察学校の新校舎が完成。
  • 1967年(昭和42年)
    • 4月28日 - 歩行者の交通事故防止のため、長崎市で交通キップ(交通違反警告書)を実施。
    • 8月21日 - 巡査長制度を新設。
    • 10月17日 - 思案橋・本石灰町・船大工町の3カ所に県下初の防犯テレビを設置。
  • 1969年(昭和44年)
    • 3月20日 - 機構改革を行い、交通指導官・警備調査官を新設し、交通警備部門の強化を図る。
    • 6月3日 - 第1回警察と市民のつどい・音楽の夕べが長崎市公会堂で開催。
    • 9月20日 - 油木庁舎老朽化のため、交通機動隊新庁舎が田中町(現在地)に完成。
  • 1970年(昭和45年)
    • 4月1日 - 専従捜査班を設置。
    • 4月10日 - 本部から長崎市内の全派出所・駐在所に一斉指令ができる「全派指令装置」が完成。
    • 7月21日 - 過密・過疎対策の一環で、駐在所・派出所の統廃合を実施。
  • 1971年(昭和46年)9月1日 - 長崎水上警察署を廃止。
  • 1973年(昭和48年)1月23日 - 新興社宅や団地の急増に対処するため、浦上警察署に移動交番車を配置。
  • 1974年(昭和49年)
    • 4月10日 - 長崎警察署・佐世保警察署に九州で初めて「ヤングテレホン」を実施。
    • 7月15日 - 本部庁舎の増築工事が完了し、移転。新庁舎は地下1階・地上7階建て。
  • 1975年(昭和50年)1月18日 - 警察法施行20周年と新庁舎落成を記念し、2日間にわたり庁舎を一般に公開。
  • 1978年(昭和53年)4月1日 - 刑事部捜査第一課内の機動捜査隊を独立させる。秘書課広報係を広報課に昇格。
  • 1982年(昭和57年)
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - JR九州の発足に伴い、施設内の警らと列車警備を任務とする鉄道警察隊(25名)が本部で発足式を行う。
旧庁舎
  • 2006年(平成18年)- 交番、駐在所の統廃合を開始。[2][3][4][5][6][7][8][9]
  • 2018年(平成30年)2月13日 - 警察本部新庁舎で業務を開始。
  • 2019年(平成31年)4月1日 - 「地域部」「サイバー犯罪対策課」が発足。
  • 2020年(令和2年)4月1日 - 長崎警察署新庁舎内に長崎運転免許センターを開設。

本部組織[編集]

データ[編集]

長崎県警察所有船せとなみ

2009年(平成21年)4月現在

施設
2011年(平成23年)4月現在
  • 警察署数 - 23署
  • 交番数 - 73[10]
  • 駐在所数 - 127[10]
職員
  • 職員数 - 3500人(うち警察官3000人)
車両・船舶等
  • パトカー - 150台
  • 捜査用パトロールカー - 220台
  • ミニパトカー - 210台
  • 白バイ - 60台
  • 船舶 - 10隻
  • ヘリコプター - 1機

警察署[編集]

警察署数は22(2020年(令和2年)4月時点)。警察車両ナンバー地名は佐世保市周辺地域が「佐世保」、それ以外の地域は「長崎」である。

地域 警察署名称 管轄区域 前身
長崎 県南 長崎警察署 長崎市中心部・東部・西部の一部(飽の浦・淵・福田地区) 2020年4月に稲佐警察署を統合
浦上警察署 長崎市北部・西部の一部(小江原・手熊・式見地区)
大浦警察署 長崎市南部
時津警察署 西彼杵郡時津町長与町、長崎市西北部(三重琴海外海地区)
佐世保 西海警察署 西海市(崎戸町江島・平島地区を除く) 大瀬戸警察署
県央 川棚警察署 東彼杵郡東彼杵町川棚町波佐見町
長崎 大村警察署 大村市
諫早警察署 諫早市
島原 島原警察署 島原市
雲仙警察署 雲仙市 小浜警察署
南島原警察署 南島原市 口之津警察署
佐世保 県北 佐世保警察署 佐世保市中心部
相浦警察署 佐世保市西部
早岐警察署 佐世保市南部
江迎警察署 佐世保市北部、北松浦郡佐々町
平戸警察署 平戸市
松浦警察署 松浦市
新上五島警察署 北松浦郡小値賀町、佐世保市宇久地区 有川警察署
県南 西海市崎戸町江島平島地区
長崎 五島 南松浦郡新上五島町
五島警察署 五島市 福江警察署
壱岐 壱岐警察署 壱岐市
対馬 対馬南警察署 対馬市南部(旧下県郡)の厳原美津島豊玉地区 厳原警察署
対馬北警察署 対馬市北部(旧上県郡)の上県上対馬地区 上県警察署

統合により改称された警察署[編集]

  • 2004年(平成16年)
    • 厳原警察署(いずはら) →対馬南警察署(市町村合併による)
    • 上県警察署(かみあがた) →対馬北警察署(同上)
    • 有川警察署(ありかわ) →新上五島警察署(同上)
    • 福江警察署(ふくえ)→五島警察署(同上)
  • 2005年(平成17年)
    • 大瀬戸警察署(おおせと) → 西海警察署(同上)
  • 2006年(平成18年)
    • 小浜警察署(おばま) → 雲仙警察署(市町村合併に伴い、国見警察署と統合)
    • 口之津警察署(くちのつ) → 南島原警察署(市町村合併による)

統合により廃止された警察署[編集]

  • 長崎水上警察署(すいじょう)→ 1971年(昭和46年)9月1日廃止。
  • 奈良尾警察署(ならお)→ 1972年(昭和47年)有川警察署(現 新上五島警察署)と統合の上、廃止。
  • 東長崎警察署(ひがしながさき) - 2005年(平成17年)に長崎警察署と統合の上、廃止。
    • 旧東長崎警察署庁舎は矢上交番として使用されている。
  • 国見警察署(くにみ) - 2006年(平成18年)に小浜警察署と統合の上、雲仙警察署となる。
    • 旧小浜警察署庁舎は雲仙警察署として使用、旧国見警察署庁舎は雲仙北交番(幹部交番)として使用されている。
  • 稲佐警察署(いなさ)- 2020年(令和2年)に長崎警察署に統合。

交番・駐在所[編集]

  • 交番 - 73カ所
  • 警察官駐在所 - 127カ所
(2011年(平成23年)4月現在)[10]

マスコットキャラクター[編集]

  • キャッチくん

発生した主な事件・事故[編集]

(年次は事件化時期)

昭和[編集]

平成[編集]

不祥事[編集]

2010年代[編集]

  • 2010年5月15日 - 浦上警察署地域課の巡査が、5月15日の午前1時30分ごろ、諫早市八坂町付近で、酒気帯び状態だった20歳の男が運転する乗用車に同乗。この男が駐車場内で当て逃げ事故を起こした後に現場から逃走した。翌16日、県警は巡査を道路交通法違反(飲酒運転車同乗)容疑で逮捕した。容疑を大筋で認めている[11]
  • 2016年6月3日 - 県警本部の男性巡査(20代)が、県警情報管理課に電話し、捜査目的と偽って知人女性の住所などの情報を入手。2014年12月から2016年3月まで、女性の車に自分の連絡先を記した紙を残すなどの行為を繰り返した。女性が県警に相談、発覚した。県警の事情聴取に対し、男性巡査は事実を認め「女性と交際したかった」と話したという。また監察課は「ストーカー規制法に触れる可能性もあったが、女性が軽い処分を望んだため立件しなかった」と説明している。6月3日、県警は男性巡査を所属長訓戒の処分にした[12]
  • 2019年2月8日 - 県内の警察署に勤務していた男性事務職員(20代)が、署員が出勤のため私的に借りていた複数の駐車場の利用料約33万円を着服していた。県警は2月8日、男性事務職員を減給10分の1(6ヵ月)の懲戒処分とした。男性事務職員は依願退職[13]
  • 2019年5月4日 - 長崎県北部の警察署に勤務する男性警部補(50代)が、5月4日、県内の片側2車線の国道で法定速度を39キロ超過して運転したとして、速度超過摘発された。県警は男性警部補を本部長注意の処分とした[14]

2020年代[編集]

  • 2020年2月5日 - 県南地域の警察署に勤務する男性警部補(30代)が、2019年4月、職場の女性職員と2人で酒を飲んだ帰りの路上で、職員の肩に手を回すセクハラ行為をした。10月、職員が「不快に感じたが仕事のことを考えるとすぐに言い出せなかった」などと申し出て発覚。警部補は「自分に好意を持っていると勘違いした」と話しているという。男性警部補は別の女性警察官と不倫関係だったことも発覚。女性警察官は本部長注意処分を受けた。2020年2月5日、男性警部補は本部長訓戒処分を受け、同日付で依願退職した[15]
  • 2020年2月19日 - 県南地区の警察署の男性警部補(50代)が、2019年6月上旬から10月中旬までの間、勤務時間中にほかの職員の前で、女性を「ばかが」と複数回にわたり叱責した。女性が県警本部に被害を申し出た。2月19日、県警はパワハラ行為をしたとして男性警部補を本部長注意処分とした[16]
  • 2020年4月 - 公務でミニパトカーを運転していた巡査物損事故を起こした。事故後に巡査は上司に「後部バンパーに傷がある」と報告はしたが、事故を起こしたとは報告していなかった。不審に思った上司が事故翌日に巡査に改めて問いただして事故が発覚。巡査は同年6月11日付で本部長注意処分を受けていた[17]
  • 2020年4月 - 県警本部に勤務する男性巡査部長(30代)が、数カ月前、2度にわたって長崎市内のラブホテル客室内に隠して設置したカメラで派遣型風俗店(デリバリーヘルス)で働く女性を盗撮した疑い。男性巡査長は容疑を認めているという。男性巡査部長は撮影を記録したメモリーカードを紛失。同署内で落とし物として見つかり、行為が発覚したという。県警は男性巡査部長を県迷惑行為等防止条例違反の疑いで近く書類送検する[18][19]
  • 2020年4月30日 - 県北の警察署に勤務する男性巡査(20代)が、3月下旬、警察官の停車指示に従わず逃走し赤信号無視などの交通違反をした。4月30日、県警は男性巡査を所属長訓戒処分とした。男性巡査は同日付で依願退職[20]
  • 2020年5月15日 - 県警本部の男性警部補(50代)が、2016年~2020年2月7日にかけて、県警が保有する県内離島に関する事件の概要や防犯カメラの位置情報などを、女性(30代)にLINEで送信した疑いがあるとのこと。また、男性警部補が流出させた情報には被疑者や被害者ら30名の個人情報も含まれていた。県警は男性警部補を5月15日、地方公務員法における守秘義務違反の疑いで書類送検[21]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 昭和29年法律第162号
  2. ^ 交番等の名称、位置及び所管区に関する規則の一部を改正する規則---長崎県公報第9310号(平成16年2月17日火曜日発行) (PDF)---長崎県ウェブサイト
  3. ^ 交番等の名称、位置及び所管区に関する規則の一部を改正する規則---長崎県公報第9420号(平成17年3月18日金曜日発行) (PDF)---長崎県ウェブサイト
  4. ^ 交番等の名称、位置及び所管区に関する規則の一部を改正する規則---長崎県公報第9522号(平成18年3月24日金曜日発行) (PDF)---長崎県ウェブサイト
  5. ^ 交番等の名称、位置及び所管区に関する規則の一部を改正する規則---長崎県公報第9610号(平成19年2月9日金曜日発行) (PDF)---長崎県ウェブサイト
  6. ^ 交番等の名称、位置及び所管区に関する規則の一部を改正する規則---長崎県公報号外(平成20年3月10日月曜日発行) (PDF)---長崎県ウェブサイト
  7. ^ 交番等の名称、位置及び所管区に関する規則の一部を改正する規則---長崎県公報9819号(平成21年3月24日火曜日発行) (PDF)---長崎県ウェブサイト
  8. ^ 交番等の名称、位置及び所管区に関する規則の一部を改正する規則---長崎県公報9909号(平成22年2月26日金曜日発行) (PDF)---長崎県ウェブサイト
  9. ^ 交番等の名称、位置及び所管区に関する規則の一部を改正する規則---長崎県公報10010号(平成23年3月4日金曜日発行) (PDF)---長崎県ウェブサイト
  10. ^ a b c 交番・駐在所一覧表 - 長崎県警察ウェブサイト
  11. ^ “[https://response.jp/article/2010/05/20/140634.html ホーム 自動車 社会 社会 記事 飲酒運転で当て逃げ、同乗していた警官を逮捕]”. レスポンス 2010年5月20日(木) 11時15分. 2020年8月8日閲覧。
  12. ^ 警察管理情報悪用 女性につきまとい 長崎県警が巡査処分”. 西日本新聞 2016/6/29 17:02. 2020年8月8日閲覧。
  13. ^ 長崎県警職員が33万円着服 駐車場利用料、減給処分”. 日本経済新聞 2019年2月28日 17:56. 2020年8月8日閲覧。
  14. ^ 長崎県警の50代警部補が国道を39キロ超過走行”. 日刊スポーツ 2019年8月30日18時41分. 2020年8月8日閲覧。
  15. ^ セクハラと不倫 男性警部補訓戒 長崎県警”. 長崎新聞 2020/3/4 11:00. 2020年8月8日閲覧。
  16. ^ 「ばかが」と叱責 50代警部補処分 長崎県警”. 長崎新聞 2020/3/11 09:50. 2020年8月8日閲覧。
  17. ^ “ミニパト当て逃げ隠す 20代巡査「発覚すれば厳しい指導が…」 長崎県警”. 毎日新聞. (2020年7月7日). https://mainichi.jp/articles/20200707/k00/00m/040/044000c 2020年7月7日閲覧。 
  18. ^ ホテルでデリヘル女性を盗撮容疑 警察官を書類送検へ”. 朝日新聞 2020年4月11日 10時24分. 2020年8月8日閲覧。
  19. ^ 女性を盗撮疑い 男性巡査長書類送検へ 長崎県警”. 長崎新聞 2020/4/14 11:30. 2020年8月8日閲覧。
  20. ^ 停車指示に従わず逃走 20代巡査を訓戒処分 長崎県警”. 長崎新聞 2020/5/16 11:30. 2020年8月8日閲覧。
  21. ^ 50代男性警部補が30代女性に捜査情報を漏洩|長崎県警”. サイバーセキュリティ―.com 2020.05.20. 2020年8月8日閲覧。

関連項目[編集]

前身
法律
関連団体