長崎縣護國神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長崎縣護國神社
所在地 長崎県長崎市城栄町41-67
位置 北緯32度46分38秒
東経129度51分20秒
座標: 北緯32度46分38秒 東経129度51分20秒
主祭神 護国の英霊
社格 内務大臣指定護国神社・別表神社
創建 明治2年(1869年
例祭 4月22日
10月26日
テンプレートを表示

長崎縣護國神社(ながさきけんごこくじんじゃ)は、長崎県長崎市にある神社護国神社)である。

明治維新から太平洋戦争大東亜戦争)までの国難に殉じた長崎県関係の戦没者約6万柱を祀る。

長崎招魂社 (長崎県護国神社) 長崎の手彩色絵葉書

歴史[編集]

明治2年(1869年)、長崎市梅ヶ崎に、戊辰戦争で戦死した藩士43柱を祀る梅ヶ崎招魂社が創建された。明治7年(1874年)、長崎市西小島に台湾の役の戦死者536柱を祀る佐古招魂社が創建され、以降、戦没者を合祀してきた。昭和14年、招魂社の制度改正により両招魂社は護国神社となった。昭和17年(1942年)3月、両護国神社を合併して内務大臣指定の長崎縣護國神社とし、現在地に社殿を造営し、昭和19年3月に竣工・遷座した。

昭和20年8月、原爆投下により全ての建造物を失い、遷座前の佐古招魂社跡(梅ヶ崎天満宮)を仮宮とする。昭和38年10月に再建された。