長崎電気軌道5号系統

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

5号系統(5ごうけいとう)は、長崎電気軌道が運行する路面電車の運転系統の一つである。長崎市石橋を起点とし、新地中華街西浜町を経て、蛍茶屋へ至る。方向幕は緑色()。

路線では大浦支線(石橋 - 新地中華街)と本線(新地中華街 - 西浜町)と蛍茶屋支線(西浜町 - 蛍茶屋)に本系統が運行される。石橋 - 大浦海岸通間は単線であり、1列車しか入線できないため、全ての列車が大浦海岸通電停で行き違いを行っている。

大浦方面から長崎駅前方面および思案橋方面へは行けない(逆も同様)ため、新地中華街電停で本系統から1号系統に乗り継ぎが出来る。この際、運転士に申し出ることで乗り継ぎ券が発行される。ただし、新地中華街電停以外から乗車、買い物などを済ませた場合、同一系統の乗り継ぎなどの場合は無効。長崎スマートカードで30分以内に乗り継ぐ(蛍茶屋方面⇔崇福寺方面の乗り継ぎは無効)と、2度目の運賃が無料になる。

かつては石橋大浦天主堂下(現・大浦天主堂)電停は片側にしかホームが設置されていなかったため、両電停では進行方向右側のドアで乗降扱いを行っていた。ワンマン運転を行うにあたり前中扉車では右側前部から降車扱いを行うことができないため、当系統は前後扉の200形・211形・300形のみで運行されていた。2000年に両電停とも両側にホームが設置され、それ以降は前中扉車も運用されるようになっている。

系統概要[編集]

  • 全長:3.5km(うち大浦海岸通 - 石橋間は単線)
  • 所要時間:上り(石橋方面)20分、下り(蛍茶屋方面)22分
  • 運行間隔:約8分間隔

停留場一覧[編集]

凡例
線路 … |:単線区間(行き違い不可)、∧:ここより下は複線、∥:複線区間
停留場番号 停留場名 読み方 停留所間距離 (km) 石橋からの距離 (km) 周辺施設 路線 軌道 線路
51 石橋 いしばし 0.0 0.0 孔子廟 大浦支線 併用軌道
50 大浦天主堂 おおうらてんしゅどう 0.3 0.3 長崎あじさい病院大浦天主堂グラバー園祈りの丘絵本美術館旧香港上海銀行長崎支店旧羅典神学校軍艦島デジタルミュージアム東山手十二番館
48 大浦海岸通 おおうらかいがんどおり 0.2 0.5 旧長崎税関下り松派出所ナガサキピースミュージアム大浦警察署
47 メディカルセンター めでぃかるせんたー 0.3 0.8 長崎みなとメディカルセンターオランダ坂活水女子大学海星高等学校
31A
31B
新地中華街 しんちちゅうかがい 0.3 1.1 長崎新地中華街長崎新地ターミナル(イオン長崎店) 本線
32 西浜町 にしはまのまち 0.2 1.3  
36 浜町アーケード はまのまちあーけーど     浜町アーケード
37 めがね橋 めがねばし 0.4 1.7 眼鏡橋長崎女子商業高等学校 蛍茶屋支線
38 市民会館 しみんかいかん 0.3 2.0 長崎市民会館興福寺長崎警察署
39 諏訪神社 すわじんじゃ 0.5 2.5 諏訪神社済生会長崎病院長崎大学経済学部
40 新大工町 しんだいくまち 0.3 2.8 亀山社中記念館
41 新中川町 しんなかがわまち 0.4 3.2 シーボルト記念館長崎県立鳴滝高等学校瓊浦高等学校
43 蛍茶屋 ほたるぢゃや 0.3 3.5 聖母の騎士高等学校