長幸男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

長 幸男(ちょう ゆきお、1924年大正13年)6月14日 - 2007年平成19年)1月30日)は、日本の経済学者

東京出身。東京帝国大学経済学部卒。妻は武田清子高崎市立短期大学助教授専修大学助教授、教授、1970年東京外国語大学教授。1985-1989年学長。1993年多摩大学教授。1999年秋、勲二等瑞宝章受勲。大塚久雄の影響を受け、近代日本の経済思想史、金融論を研究、『石橋湛山全集』を編纂した。

著書[編集]

  • 『日本経済思想史研究 ブルジョア・デモクラシーの発展と財政金融政策』未来社、1963
  • 『現代金融論』時潮社、1969
  • 『昭和恐慌 日本ファシズム前夜』岩波新書、1973 のち同時代ライブラリー、岩波現代文庫
  • 『石橋湛山の経済思想』東洋経済新報社、2009

共編著など[編集]

  • 『日本における銀行の発達』松成義衛、三輪悌三共著 青木書店、1959
  • 『石橋湛山 人と思想』編 東洋経済新報社、1974
  • 『日本経済思想史読本』杉原四郎共編 東洋経済新報社、1979
  • 渋沢栄一『雨夜譚』校注 岩波文庫、1984

参考[編集]