長後駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
長後駅
Chogo Station West Exit.JPG
長後駅西口(2004年11月27日撮影)
ちょうご
Chogo
OE 07 高座渋谷 (2.2 km)
(1.8 km) 湘南台 OE 09
所在地 神奈川県藤沢市下土棚472番地
北緯35度24分45秒 東経139度27分56秒 / 北緯35.41250度 東経139.46556度 / 35.41250; 139.46556座標: 北緯35度24分45秒 東経139度27分56秒 / 北緯35.41250度 東経139.46556度 / 35.41250; 139.46556
駅番号 OE08
所属事業者 小田急電鉄
所属路線 江ノ島線
キロ程 14.0 km(相模大野起点)
新宿から46.3 km
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
34,294人/日
-2019年-
開業年月日 1929年昭和4年)4月1日
テンプレートを表示
東口(2004年11月27日撮影)
改札口(2004年11月27日撮影)現在は改札など改装されている

長後駅(ちょうごえき)は、神奈川県藤沢市下土棚にある、小田急電鉄江ノ島線である。駅番号OE 08

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

高座郡の長である「長郷」が変化した「長後」が由来となっている。

ただし、当駅は長後地区(踏切から北側の区域 設置当時は渋谷町に所属)ではなく、南に隣接している下土棚地区(設置当時は六会村)に設置されている。

駅構造[編集]

3・4番ホーム藤沢方から相模大野方を望む(2004年11月27日撮影)

島式ホーム2面4線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有する。また、湘南台寄りには渡り線が設置されており、緊急時には折り返しが可能である。

かつてこの渡り線を利用して当駅で折り返す列車が設定されていたことがある。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
1・2 OE 江ノ島線 下り 藤沢片瀬江ノ島方面
3・4 上り 相模大野新宿C 千代田線方面

内側2線(2・3番ホーム)が主本線、外側2線(1・4番ホーム)が待避線である。

利用状況[編集]

1991年度以降乗降人員数は減少傾向にある。すでに1995年の時点で乗降客数で南隣の湘南台駅により少ない状況であったが、1999年に相鉄いずみ野線横浜市営地下鉄ブルーラインの乗り入れが始まると、乗降客は3年で二割減少した一方、湘南台駅は同じ時期に小田急江ノ島線単体で三割の乗降客の伸びを示しており、これとは別に相鉄いずみ野線、横浜市営地下鉄ブルーラインには7万人近い乗降客があった。このことから、2002年3月23日から運行を開始した湘南急行(現・快速急行)は湘南台駅に停車し、当駅は通過している。また、急行の設定も日中はない。駅の西側に近接する綾瀬市のコミュニテイバスも西口に乗り入れており、綾瀬市役所では最寄り駅の一つとして紹介している[2]

近年の1日平均乗降人員・乗車人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[* 1]
年度 1日平均
乗降人員[* 2]
1日平均
乗車人員[* 3]
出典
1929年(昭和04年) 548[3]
1930年(昭和05年) 417
1935年(昭和10年) 275
1940年(昭和15年) 744
1946年(昭和21年) 5,347
1950年(昭和25年) 5,237
1955年(昭和30年) 6,324
1960年(昭和35年) 9,503
1965年(昭和40年) 21,642
1970年(昭和45年) 30,652
1975年(昭和50年) 39,103
1980年(昭和55年) 45,283
1985年(昭和60年) 49,677
1990年(平成02年) 52,337
1991年(平成03年) [4]52,701
1995年(平成07年) 49,244 24,689 [神奈川県統計 1]
1998年(平成10年) 22,914 [神奈川県統計 2]
1999年(平成11年) 21,124 [神奈川県統計 3]
2000年(平成12年) 40,820 20,075 [神奈川県統計 3]
2001年(平成13年) 19,177 [神奈川県統計 4]
2002年(平成14年) 37,490 18,373 [神奈川県統計 5]
2003年(平成15年) 36,318 17,753 [神奈川県統計 6]
2004年(平成16年) 35,551 17,941 [神奈川県統計 7]
2005年(平成17年) 35,694 17,983 [神奈川県統計 8]
2006年(平成18年) 36,371 18,325 [神奈川県統計 9]
2007年(平成19年) 36,383 18,310 [神奈川県統計 10]
2008年(平成20年) 36,153 18,150 [神奈川県統計 11]
2009年(平成21年) 34,869 17,501 [神奈川県統計 12]
2010年(平成22年) 34,760 17,443 [神奈川県統計 13]
2011年(平成23年) 34,811 17,455 [神奈川県統計 14]
2012年(平成24年) 35,133 17,600 [神奈川県統計 15]
2013年(平成25年) 35,272 17,665 [神奈川県統計 16]
2014年(平成26年) 34,674 17,334 [神奈川県統計 17]
2015年(平成27年) 34,839 17,414 [神奈川県統計 18]
2016年(平成28年) 35,141 17,574 [神奈川県統計 19]
2017年(平成29年) 35,145 17,561 [神奈川県統計 20]
2018年(平成30年) 34,945 17,452 [神奈川県統計 21]
2019年(令和元年) 34,294

駅周辺[編集]

江戸時代大山街道(柏尾通り)の宿場町であった。

周辺には以下の施設のほか、コンビニエンスストアなどの小規模店舗が複数立地している。

バス路線[編集]

以下の路線が神奈川中央交通により運行されている。 なお、西口の停留所の乗降客が飽和状態に達していたことから、ロータリー付近の建物(元のパチンコ店等の古い建物)を解体し、2014年にロータリーの拡張工事を行い完成、また隣接地に自転車駐輪場が整備された。

東口[編集]

西口[編集]

その他[編集]

横浜市六大事業構想で公表された、横浜市の高速鉄道路線計画(1965年10月)
  • 1966年から1967年まで大船駅から運行していた横浜ドリームランドへのドリームランドモノレール線は、当駅からも敷設する計画があったが、結局頓挫した。なお、ドリームランド駅付近は当駅からの敷設を考慮して複線の走行桁が設置されていた。
  • 1978年松竹映画「事件」は長後が舞台になった作品である。松坂慶子大竹しのぶ永島敏行等の日本映画界を率いる俳優が出演。大岡昇平原作の同名小説の映画化である。
  • 現在湘南台駅を通る相鉄いずみ野線と横浜市営地下鉄は、当初は当駅に乗り入れする予定であったとされる。しかし、当時の地元商店街で決定権を持つ会員に保守的な人が多く頓挫し、結果、湘南台駅に白羽の矢が立てられた。この時反対した地主らは1990年代以後の湘南台の急激な発展に自らの行いを後悔したという[5]。ただし厳密にいえば、横浜市営地下鉄は1963年には戸塚までだった計画を、1965年の飛鳥田市政下の六大事業で長後まで延伸としていた。これが1966年7月の都市交通審議会答申第9号を受けて、より南側、戸塚駅からほぼ真西へ進んだ「六会付近」へ変更(この時点で湘南台駅は未完成)された。そしてこの答申に事業主体未定として記載されたのが、茅ケ崎から「六会付近」二俣川、勝田を経由してほぼ一直線で東京に至る6号線で、1967年2月、相模鉄道はこの6号線の二俣川以南を踏襲しつつ、長後を経由し終点を平塚とする形で免許申請を行った。これが1968年12月の免許で小田急江ノ島線との交差が長後から「湘南台」に変更されたのは、すでに新駅として開業した湘南台を計画に組み入れていた横浜市が、相模鉄道の長後経由に反対したためである。

隣の駅[編集]

小田急電鉄
OE 江ノ島線
快速急行
通過
急行
大和駅 (OE 05) - 長後駅 (OE 08) - 湘南台駅 (OE 09)
各駅停車
高座渋谷駅 (OE 07) - 長後駅 (OE 08) - 湘南台駅 (OE 09)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 市史編さん - 藤沢市文書館
  2. ^ 「よくある質問(FAQ) 綾瀬市役所へのアクセスを教えてください。」『綾瀬市役所』 綾瀬市
  3. ^ 開業年
  4. ^ 当駅の乗降人員最高値年度
  5. ^ 横浜市営地下鉄は「長後駅」から通るはずだったって本当? - はまれぽ.com

出典[編集]

小田急電鉄の1日平均利用客数
  1. ^ 1日平均乗降人員 - 小田急電鉄
小田急電鉄の統計データ
  1. ^ 統計年報 - 藤沢市
  2. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  3. ^ 神奈川県県勢要覧
神奈川県県勢要覧
  1. ^ 線区別駅別乗車人員(1日平均)の推移 - 22ページ
  2. ^ 平成12年 - 223ページ
  3. ^ a b 平成13年 (PDF) - 225ページ
  4. ^ 平成14年 (PDF) - 223ページ
  5. ^ 平成15年 (PDF) - 223ページ
  6. ^ 平成16年 (PDF) - 223ページ
  7. ^ 平成17年 (PDF) - 225ページ
  8. ^ 平成18年 (PDF) - 225ページ
  9. ^ 平成19年 (PDF) - 227ページ
  10. ^ 平成20年 (PDF) - 231ページ
  11. ^ 平成21年 (PDF) - 241ページ
  12. ^ 平成22年 (PDF) - 239ページ
  13. ^ 平成23年 (PDF) - 239ページ
  14. ^ 平成24年 (PDF) - 235ページ
  15. ^ 平成25年 (PDF) - 237ページ
  16. ^ 平成26年 (PDF) - 239ページ
  17. ^ 平成27年 (PDF) - 239ページ
  18. ^ 平成28年 (PDF) - 247ページ
  19. ^ 平成29年 (PDF) - 239ページ
  20. ^ 平成30年 (PDF) - 223ページ
  21. ^ 令和元年 (PDF) - 223ページ

関連項目[編集]