長期使用住宅部材標準化推進協議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
CjKマークは長期使用対応部材(CjK部材)に付けられている

長期使用住宅部材標準化推進協議会(ちょうきしようじゅうたくぶざいひょうじゅんかすいしんきょうぎかい、略称:長住協(ちょうじゅうきょう)、略称:(CjK)は、経済産業省の研究会提言(今後の住宅産業のあり方に関する研究会)に基づき住宅部品・部材の標準(共通)化の推進団体として設立され、住宅メーカー・建材メーカー・住宅設備機器メーカーが一堂に会し、住宅を長く住み継ぐ為に不可欠なメンテナンスを容易にする為、住宅部材の標準(共通)化を推進する目的として2008年7月に発足された。

概要[編集]

長期使用対応部材の基準書を作成し、CjKマークの付いたCjK部材の普及を促進させている。CjK部材とは長期にわたってメンテナンスを容易にする為に、寸法の互換性をもたせた部品・部材。経済産業省の研究会提言 (今後の住宅産業のあり方に関する研究会)に基づき、住宅部品・部材の標準(共通)化の推進団体として設立された「長期使用住宅部材標準化推進協議会(長住協)」により定めている。

CjKマーク[編集]

このロゴマークは「CHOJUKYO(長住協)」の頭文字に家と人のモチーフを加えデザインされた。“人”をイメージしたCjKの文字を“家”で包み込むことで、安心・快適に暮らせる家を表現している。太く力強い書体には、部材そのものの耐久性や、商品の改廃等に左右されることなく部材を提供する環境を整えていくという強い意志が込められている。カラーは黒と赤の伝統的な日本色を用い、長期使用対応部材の普及において長住協が日本のリーダーとしての役目を果たす事を意味している。さらに、協議会の略称である「CHOJUKYO(長住協)」という文字を加えることで略称を定着させている。

委員会・分科会[編集]

運営委員会[編集]

  • 共通部材使用表示事業分科会
  • 普及・広報分科会
  • 標準化共通化ガイドライン分科会

標準(共通)化評価委員会[編集]

  • 共通化部材選定分科会
  • 躯体・外装共通化分科会
  • 外装開口部共通化分科会
  • 内装・内部建具共通化分科会
  • 設備共通化分科会

参加企業[編集]

入会方法[編集]

事務局に連絡し、協議会設立趣旨に賛同した企業から入会申込書と、「正会員企業」の推薦状を提出すると、運営委員会において審議の上、入会の可否を決定し通知がされる。入会が決定し会費を支払うことで会員となる事が出来る。