長村瑞臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

長村 瑞臣(おさむら ずいしん、1942年 - )元日産の自動車クラブのひとつSCCNに所属していたアマチュアドライバーで、スカイライン2000GT-R52勝(諸説あり)のうち4勝を挙げた。

経歴[編集]

1967年にフェアレディ2000でデビューし、早くもその年の10月のレースで初優勝を遂げる。1968年の「68日本グランプリ」では予選落ちを喫したが、翌69年の「69JAFグランプリ」ではワークスGT-Rの初陣メンバーのひとりに選ばれ、ワークスGT-Rをドライブした(結果はリタイヤ)。これを期にフェアレディ2000からGT-Rに乗り換え、主に耐久レースで短期間のうちにクラス優勝を含めた4勝を挙げるなど力を発揮した。将来を嘱望されていたが、諸事情により同年中に引退した。