長松幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

長松 幹(ながまつ つかさ[1] / みき[2]1834年2月9日(天保5年1月1日[2])- 1903年明治36年)7月16日[3])は、幕末長州藩士明治期の歴史学者政治家元老院議官貴族院勅選議員男爵錦鶏間祗候。諱・文仲、字・子固[4]。通称・大蔵、文助、文輔[4]。号・秋琴[4]

経歴[編集]

周防国吉敷郡矢原村(現山口市矢原)で医者・長松玄厚の長男として生まれる[4]。大田稲香の指導を受け[4]嘉永6年(1853年京都に遊学し、山本読書室に入り山本亡羊から本草学を学ぶ[5]安政5年(1858年)以降、久坂玄瑞らと国事に奔走[4][6]元治元年(1864年)帰藩し右筆に登用され、その後、儒役雇、雇医員を経て、編輯局で尊王事績の編集に従事[4]。鴻城隊に加わり、戊辰戦争中は軍中日誌を担当した[7]

明治維新後、新政府に出仕し、慶応4年4月23日1868年6月13日)御雇・議政官史官試補となる[2]。以後、徴士・議政官史官、行政官史官、太政官、同少、函館軍功賞典取調掛、太政官六等出仕、同五等出仕、同正院歴史課長、修史局長、一等修撰兼修史局長、一等編修官、修史館監事などを歴任し[2]、『復古記』『明治史要』などの官撰史書の編纂に従事[4][6][7]

1884年9月4日、元老院議官に就任[2]1888年2月17日、高等法院予備裁判官を仰せ付けられた[2]1890年10月20日、元老院が廃止され非職となり錦鶏間祗候を仰せ付けられた[2]1891年4月21日、非職元元老院議官を依願免本官となる[8]。同年4月15日、貴族院勅選議員に任じられ[9]、死去するまで在任した[3]

1896年6月5日、その功績により男爵を叙爵した[10]

栄典[編集]

著作[編集]

  • 平塚真宝編『秋錦山房詩鈔』平塚真宝、1882年。
  • 長松篤棐編『秋琴遺響』長松篤棐、1904年。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『平成新修旧華族家系大成』下巻、243頁。
  2. ^ a b c d e f g 『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 下巻』329-332頁。
  3. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』148頁。
  4. ^ a b c d e f g h 『明治維新人名辞典』706頁。
  5. ^ 『忘れられた植物学者』12-13頁。
  6. ^ a b 『幕末維新大人名事典』下巻、207-208頁。
  7. ^ a b 『明治過去帳』687-688頁。
  8. ^ 『官報』第2340号、明治24年4月22日。
  9. ^ 『官報』第2335号、明治24年4月16日。
  10. ^ 『官報』第3880号、明治29年6月6日。
  11. ^ 『官報』第1027号「叙任」1886年12月1日。
  12. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  13. ^ 『忘れられた植物学者』8頁。
  14. ^ 『忘れられた植物学者』21頁。

参考文献[編集]

  • 大植四郎編『明治過去帳』新訂初版、東京美術、1971年(原著私家版1935年)。
  • 日本歴史学会編『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 我部政男・広瀬順晧編『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 下巻』柏書房、1995年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 安岡昭男編『幕末維新大人名事典』下巻、新人物往来社、2010年。
  • 増田芳雄『忘れられた植物学者 長松篤棐の華麗な転身』中公新書、1987年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
長松(幹)家初代
1896年 - 1903年
次代:
長松篤棐